亀有警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
Asahikage.svg 警視庁亀有警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Kameari Police Station.JPG
都道府県警察 警視庁
管轄区域 葛飾区の北部
柴又金町浄水場
金町東金町
水元公園東水元
水元西水元
南水元新宿
高砂の一部
青戸の一部
白鳥亀有
西亀有お花茶屋
東堀切
堀切の一部
小菅
課数 6
交番数 16
駐在所数 5
所在地 125-0051
東京都葛飾区
新宿四丁目22番19号
位置 北緯35度45分44.3秒
東経139度51分43.9秒
座標: 北緯35度45分44.3秒 東経139度51分43.9秒
外部リンク 亀有警察署
テンプレートを表示

亀有警察署(かめありけいさつしょ)は、警視庁が管轄する警察署の一つである。第七方面本部所属。

葛飾区の北側を管轄している。

署員数およそ380名、識別章所属表示はTE。

所在地[編集]

施設[編集]

管轄区域[編集]

葛飾区のうち、以下の町丁を管轄。特記のないものはその町丁の全域を管轄。

  • 金町地域
  • 水元地域
  • 新宿地域
    • 新宿一・二・三・四・五・六丁目
    • 高砂六・七・八丁目(高砂一・二・三・四・五丁目は葛飾警察署の管轄)
  • 亀青地域
    • 青戸二丁目(1から3・7番を除く)、三丁目の一部(1から19番)、四・五・六・七・八丁目(青戸二丁目1から3・7番と、前記以外の青戸三丁目は葛飾警察署の管轄)
    • 白鳥一・二・三・四丁目
    • 亀有一・二・三・四・五丁目
    • 西亀有一・二・三・四丁目
  • 南綾瀬地域
    • お花茶屋一・二・三丁目
    • 東堀切一・二・三丁目
    • 堀切五・六・七・八丁目(堀切一・二・三・四丁目は葛飾警察署の管轄)
    • 小菅一・二・三・四丁目

沿革[編集]

組織[編集]

交番[編集]

  • 亀有駅北口交番(葛飾区亀有五丁目)
  • 金町駅南口交番(葛飾区金町六丁目)
  • 堀切七丁目交番(葛飾区堀切七丁目)
  • 柴又交番(葛飾区柴又六丁目)
  • 小菅交番(葛飾区小菅三丁目)
  • 青戸交番(葛飾区青戸八丁目)
  • お花茶屋交番(葛飾区お花茶屋二丁目)
  • 亀有駅南口交番(葛飾区亀有三丁目)
  • 柴又二丁目交番(葛飾区柴又二丁目)
  • 東金町交番(葛飾区東金町七丁目)
  • 西亀有交番(葛飾区西亀有二丁目)
  • 水元公園前交番(葛飾区東水元三丁目)
  • 金町駅北口交番(葛飾区東金町一丁目)
  • 葛三橋交番(葛飾区水元公園)
  • 南水元交番(葛飾区南水元三丁目)

駐在所[編集]

  • 西水元駐在所(葛飾区西水元六丁目)
  • 水元駐在所(葛飾区水元一丁目)
  • 亀田橋駐在所(葛飾区高砂六丁目)
  • 青戸北部駐在所(葛飾区青戸六丁目)
  • 青戸南部駐在所(葛飾区青戸二丁目)

過去に存在した交番[編集]

  • 十三橋交番(葛飾区西亀有一丁目) ※2007年(平成19年)3月で柴又交番に統合され廃止。現在は十三橋地域安全センターとなっている。

こちら葛飾区亀有公園前派出所[編集]

亀有公園前派出所に外観が似ていることで知られる亀有駅北口交番

秋本治漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所』で主人公・両津勘吉の勤務する亀有公園前派出所は、連載開始時「亀有警察署」管内にあるという設定であったが、1990年代初頭、「亀有警察署」が実在していることを鑑みて(当時存在しなかった名である)「葛飾警察署」に設定変更。その後、2002年に「本田警察署」が「葛飾警察署」に改称されたのを受け(劇中では庁舎改築をきっかけに)「新葛飾警察署」へと再度改められた。なお、フジテレビにて放送されたアニメ版では、ひらがな表記の「かつしか警察署」となっており、外観は原作の物と異なり亀有警察署の現庁舎に酷似している。

また、本署管内の亀有駅北口交番は、亀有公園前派出所のモデルになった派出所交番)であると語られることもあるが、秋本は「描いた当時は駅北口に交番があるのを知らなかった」「当時のスタンダードな交番の形を描いた」と語っており[1]、モデル説を否定している。

主な未解決事件 [編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]