林家源平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林家 源平はやしや げんぺい
林家 源平
花菱は林家三平一門の定紋であり林家こん平に移門しても同じである。
本名 富永 久三男
生年月日 (1950-09-03) 1950年9月3日(67歳)
出身地 日本の旗 日本愛媛県
師匠 初代林家三平
林家こん平
出囃子 供奴
活動期間 1969年 -
所属 落語協会

林家 源平(はやしや げんぺい、1950年(昭和25年)9月3日 - )は、日本の落語家俳優タレントである。本名、富永 久三男(とみなが くみお)。 愛媛県宇和島市(旧:三間町地域)出身。出囃子は「供奴」。落語協会所属。

来歴・人物[編集]

愛媛県立三間高等学校中退[要出典]。かつて二所ノ関部屋に所属する力士であったが同部屋の麒麟児和春に簡単に投げ飛ばされて諦め廃業した[要出典]1969年1月に初代林家三平に入門、1972年に前座となる。1974年5月に二ツ目に昇進。それと並行して俳優としても活動する。1980年に三平が急死し、兄弟子の林家こん平の預かり弟子となる。1984年6月に真打に昇進する。

落語家として[編集]

老人福祉センターへの落語ボランティアに行き、最終的には介護ヘルパーの資格を取得。病からの復帰を目指し活動するこん平のサポートも行っている。

持ちネタは「犬の目」・「がまの油」・「袈裟御前」・「代書屋」・「夜店風景」。

俳優・タレントとして[編集]

俳優としても活動しており、特に『ジャッカー電撃隊』で演じた姫玉三郎(ひめ たまさぶろう)は、自らの出身でもある伊予弁で話すキャラクターだった。また映画『男はつらいよ』に19本出演している。テレビドラマや映画以外でもタレントとして出演するなどしている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

映画[編集]

著書[編集]

  • 『俺の三平』

外部リンク[編集]