1955年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和30年から転送)
移動先: 案内検索

1955年(1955 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年昭和30年。

他の紀年法[編集]

※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

トヨタ・クラウン発売(1月1日)
画像はRS3#前期型
アジア・アフリカ会議開催(4月18日)
ワルシャワ条約機構結成(5月14日)
ディズニーランド開園(7月17日)
平和祈念像序幕(8月8日)
新潟大火(10月1日)
自由民主党結成大会(11月15日)
55年体制が始まる。
スズキ初の軽自動車スズライト

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

 

周年[編集]

以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

 

芸術・文化・ファッション[編集]

  • 1955年のコマーシャル
キャッチフレーズなど 商品名など メーカー 出演者 音楽
♪明るいナショナル - 松下電器産業 - 三木鶏郎
♪クシャミ3回、ルル3錠 ルル 三共 笹森礼子 三木鶏郎・伴久美子(歌)
♪カーンカーンカネボウ カネボウ毛糸 鐘淵紡績 - 三木鶏郎
♪ポポンとね ポポンS 塩野義製薬 - 三木鶏郎・楠トシエ(歌)

誕生[編集]

フランス大統領ニコラ・サルコジ(1月28日)
俳優大葉健二(2月5日)
情報工学者村井純(3月29日)
キーボード・ヴァイオリン演奏者エディ・ジョブソン(4月28日)
エチオピア首相メレス・ゼナウィ(5月8日)
計算機設計者ティム・バーナーズ=リー(6月8日)
元プロ野球選手大野豊(8月30日)
元サッカー選手カール=ハインツ・ルンメニゲ(9月25日)
実業家ビル・ゲイツ(10月28日)
映画監督ローランド・エメリッヒ(11月10日)
社会民主党党首福島瑞穂(12月24日)

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

日本海軍大将加藤隆義(2月10日)
物理学者アルベルト・アインシュタイン(4月18日)
私は未来について考えたことがない。すぐに来てしまうのだから。
元アメリカ国務長官コーデル・ハル(7月23日)
俳優ジェームズ・ディーン交通事故死(9月30日)
車に乗っていて危険を感じるのは、レース場ではなく、一般の車道です。
元メジャーリーガーサイ・ヤング(11月4日)
政治運動家赤松克麿(12月13日)

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

ゴジラとアンギラスが出現する。
画像は映画ポスター

死去[編集]

出来事[編集]

  • 2月6日 - ブラジルから来日した「現代のシンデレラ」と大評判の日系2世の女性・鮎川マリとその母・君江の正体を暴いて欲しいと矢部杢衛の依頼とそれを阻む脅迫状を受け、金田一耕助信州の田舎町「射水町」を訪れる。翌7日、23年前の同日に殺害された矢部英二の父・杢衛がその息子と同じ鍾乳洞の「底なし井戸」のそばで殺される。(『不死蝶』)
  • 7月下旬 - 金田一耕助、静養のために鬼首村を訪れる。(『悪魔の手毬唄』)
  • 11月5日 - エメット・L・ブラウン博士が自宅トイレの床で滑って転び、便器で頭を打ったショックでタイムマシンの原理(次元転移装置)を思いつく。同時に30年後の未来である1985年からマーティ・マクフライという少年が現れる(バック・トゥ・ザ・フューチャー)。この日から博士は30年間「次元転移装置」実現の為、家も財産ごと使い込む事になる。
  • 11月12日 - 午後10時4分、ヒル・バレーのタウンスクエアにある裁判所の時計台に雷が落ち、それ以降時計が止まったままとなる。マーティ・マクフライは1955年のエメット・L・ブラウン博士の協力により、この落雷をタイムマシンのエネルギーとして利用し1985年に戻る事に成功する。(バック・トゥ・ザ・フューチャー)。
  • ゴジラアンギラスが出現。(『ゴジラの逆襲』)

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣危機管理監”. 内閣官房. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 1955(昭和30)年「豊かさ」に関する意識の変容(2)冨貴島明、城西大学、2004-08