小林茂 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし しげる
小林 茂
生年月日 1954年
出生地 日本の旗 日本 新潟県南蒲原郡下田村
職業 映画監督撮影監督
ジャンル 映画テレビドラマ

小林 茂(こばやししげる、1954年 - )は、日本映画監督撮影監督である。

経歴[編集]

1954年、新潟県南蒲原郡下田村に生まれる[1]

新潟県立長岡高等学校を卒業したのち、同志社大学法学部政治学科に進学[1]。1年生の頃、中込道夫著『田中正造と近代思想』を読んだことがきっかけで、渡良瀬川谷中村足尾銅山に足を運ぶ[1]。2年生の頃、土本典昭監督の『水俣 患者さんとその世界』に衝撃を受けて、水俣病の患者を支援する活動にたずさわる[1]。大学卒業後、佐藤真監督の『阿賀に生きる』や『阿賀の記憶』で撮影を担当した[1]

2015年、監督作品『風の波紋』が山形国際ドキュメンタリー映画祭にて上映された[2]

著書[編集]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 阿賀に生きる(1992年) - 撮影
  • 地域をつむぐ 佐久総合病院小海町診療所から(1996年) - 撮影
  • こどものそら(2000年) - 監督・撮影・編集・ナレーション
  • ちょっと青空(2001年) - 監督・撮影・編集・ナレーション
  • 闇を掘る(2001年) - 撮影・編集
  • 阿賀の記憶(2004年) - 撮影
  • わたしの季節(2005年) - 監督・撮影
  • チョコラ!(2009年) - 監督
  • 風の波紋(2015年) - 監督

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Interview - 132:小林茂さん(『風の波紋』監督)”. REALTOKYO (2016年3月17日). 2016年5月7日閲覧。
  2. ^ 「阿賀に生きる」のカメラマンが贈る、越後妻有の里山暮らしを捉えた記録映画”. 映画ナタリー (2016年2月2日). 2016年5月7日閲覧。
  3. ^ 三浦賞・JSC賞”. 日本映画撮影監督協会. 2016年5月7日閲覧。
  4. ^ 米百俵賞の贈呈(「米百俵デー市民の集い」の開催)”. 長岡市. 2016年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]