横浜美術短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜美術短期大学
大学設置 1966年
創立 1916年
廃止 2012年
学校種別 私立
設置者 学校法人トキワ松学園
本部所在地 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204[注 1]
学部 造形美術科
美術専攻[注 2]
デザイン専攻[注 2]
造形文化専攻[注 3]
研究科 造形美術専攻
テンプレートを表示

横浜美術短期大学(よこはまびじゅつたんきだいがく、英語: Yokohama College of Art and Design[1])は、神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204[注 1]に本部を置いていた日本私立大学である。1966年に設置され、2012年に廃止された。学生募集は2009年度まで[1](専攻科も同年で募集最終[2])。

概観[編集]

大学全体[編集]

三角錫子により東京都渋谷区に創設された常磐松女学校を源流としており、「女性の円満な人格と情操教育を一貫させるという理想の実現」をねらいとして1966年(昭和41年)にトキワ松学園女子短期大学としてオープンした[3][注 4]1995年には短期大学の名称を変更し、トキワ松学園横浜美術短期大学とし、美術・デザイン・造形文化の3専攻を設置する。短期大学の名称を変更するもまだこの時点では、共学化されておらず、まだ女子短期大学のままであった。2001年には、学校法人名にもなっている「トキワ松学園」の冠名をとり、シンプルに横浜美術短期大学とし、男子学生の受け入れを開始。3つあった専攻課程が2に減少(造形文化専攻の募集停止、その翌年に廃止)、さらに2004年度入学生より専攻課程別の学生募集をとりやめ、オープン当初とほぼ同じように専攻課程なしの1学科複数コース制とし、入学定員を250名から300名に増員。2009年度を最後の受け入れとして[1]、その結果2012年に正式に廃止。ちなみに、最終募集年度における入学定員は、2004年度に設定変更されたときの300となっていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 「豊かな人間性の培養」が建学の精神となっていた[3]

教育および研究[編集]

  • 最終的には「絵画」・「映像メディアデザイン」・「空間プロデュースデザイン」をはじめ複数のコースのみとなっていたが、かつては美術、デザイン、造形文化専攻の3専攻からなっていた。ちなみに造形文化専攻とは、美術史の研究をもとに作品を観る目を養い、造形活動に携われる豊かな教養の涵養がねらいとされていた[4]。すなわち、美術・デザインの各専攻とは異なり、実技ではなく理論や教養に重点をおいた課程であり、実技科目は選択式となっていた(旧来の美学美術史コース、リベラルアートコースを踏襲していたことがうかがえる[注 5])。ちなみに、男女共学化した2001年度より造形文化専攻の募集がストップし、それの廃止により本科における美学美術史課程はなくなったものの、専攻科に美学美術史コースは残っていた[5]

学風および特色[編集]

  •  もともとは、女子を対象としていたこともあり、その踏襲からか3度目の短期大学名の変更がなされるまで、実質上の女子短期大学であった。

沿革[編集]

  • 1916年 - 東京都渋谷区において常磐松女学校が創設[3]
  • 1966年 - トキワ松学園女子短期大学(ときわまつがくえんじょしたんきだいがく)として開学。造形美術科を置く(絵画、商業デザイン、室内デザイン、美学美術史の4コースを設ける[5]):入学定員150名[1]に対し在学者数は117人[6][7]
  • 1968年 - 写真・工芸コースをおく[5]
  • 1979年 - ベーシックアートコースを置く[5]
  • 1983年 - 商業デザインコースをグラフィックデザインコースに呼称変更する[5]
  • 1987年 - 別科デザイン専修を設置[8][5]
  • 1988年 - 入学定員を150名から250名に増員[1]。総定員400名に対し、学生数560[6][9]
  • 1989年 - 美学美術史コースをリベラルアートコースに改組[5]
  • 1992年 - ライフデザインコースを置き、かつ入学定員400名に増員する[5]。学生数813人[6][10][注 6]
  • 1995年 - トキワ松学園横浜美術短期大学(ときわまつがくえんよこはまびじゅつたんきだいがく)と改称。造形美術科を以下の3専攻に分離、かつ入学定員を400名から250名に減員。学生定員650名に対し、学生数844[6][11]
    • 美術専攻:入学定員100[注 2][1]
    • デザイン専攻:入学定員100[注 2][1]
    • 造形文化専攻:旧来のリベラルアーツコースを改組[注 5]。入学定員50[注 3][1]
  • 1996年 - 専攻科造形芸術専攻を設置。大学評価・学位授与機構に認定される[5]
  • 2001年 - 横浜美術短期大学と改称。共学となる。
  • 2009年 - 学生募集最終とする[1]
  • 2012年 - 4月1日をもって造形美術科・専攻科ともに廃止。

基礎データ[編集]

当時の所在地[編集]

  •  神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204[注 1]

象徴[編集]

  • 初代マスコットキャラクターは「ハマビィ」と呼ばれ、学生によりデザインされた。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

専攻科[編集]

  • 造形美術専攻:学生募集は2009年度まで[2]

別科[編集]

  • かつてデザイン専修が設置されていた。昼間部1年制で入学定員40名[8]
取得資格について[編集]
教職課程
資格

附属機関[編集]

  • 1995年に生涯学習センターが設置された[5]

研究[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 「アートフェスティバル」と称した学園祭が、おおむね10月下旬に催された[5]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長および就任経歴[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

[編集]

  • 特に設置されておらず[12]

対外関係[編集]

系列校[編集]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』205-206頁「横浜美術短期大学」の項目より。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』226頁「横浜美術短期大学」の項目より。
  3. ^ a b c 日本の私立短期大学』(日本私立短期大学協会発行:1980年)p168「トキワ松学園女子短期大学」より
  4. ^ 短大蛍雪』(2000年5月臨時増刊。旺文社)p270「トキワ松学園横浜美術大学短期大学」の項より。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 『YOKOHAMA COLLEGE OF ART 横浜美術短期大学2001年大学案内』より。
  6. ^ a b c d 全国学校総覧
  7. ^ 1967年度版P34より
  8. ^ a b 昭和62年度『全国短期大学高等専門学校一覧』194頁「トキワ松学園女子短期大学」の項目より。
  9. ^ 1989年度版P60より。
  10. ^ 1993年度版P65より。
  11. ^ 1996年度版P72より。
  12. ^ a b c 全国短期大学案内』(梧桐書院)P307より

脚注[編集]

  1. ^ a b 短期大学廃止後は、横浜美術大学所在地。
  2. ^ a b c d e f 学生募集は 2003年度まで。2006年4月1日をもって正式に廃止。
  3. ^ a b c 学生募集は2000年度まで。2002年度をもって正式に廃止。
  4. ^ 余談だが、この年に設置された短期大学は56校(うち公立は1校で、山梨県立女子短期大学)と1950年の次に多い年となっている。
  5. ^ a b 受験科目は実技に替えて、小論文が課せられていたことから。
  6. ^ 短大蛍雪』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)288頁には「813(うち1年生461)」と表記されている。