わが友フランケンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わが友フランケンシュタイン』(わがともフランケンシュタイン)は、和田慎二漫画作品

概要[編集]

フランケンシュタイン博士が作り上げた、醜い姿と美しい心を併せ持つ怪物サイラス(フランケンシュタインの怪物)を巡る人間たちの愛憎のドラマを描いた連作短編シリーズで、1802年 - 1848年のドイツ各地を舞台にオムニバス形式で4作品発表されている。後年、サイラスは『怪盗アマリリス』の番外編「アルカディア作戦」で現代の日本に登場する。

あらすじ[編集]

わが友フランケンシュタイン
1972年 別冊マーガレット9月号
首の左側面にある生まれつきの醜い痣が原因で両親に疎まれ社交界デビューも出来なかったため、心を閉ざして冷酷に振る舞うグルンワルド家の若き当主ミア=ファンションの屋敷に土砂に埋もれていた「フランケンシュタインの怪物」が運び込まれる。ミアは蘇生した怪物に嘗て"優しい心がその人を光り輝かせる"と諭した老牧師サイラスの名を命名し、仕立てさせた黒革の服の裾に「サイラス・F」と飾り文字を打ったのだった。遠乗りのお供をさせた際、落馬して足を挫いたミアはサイラスの優しさに触れて次第に他人に心を開いていく。折から起きた山火事から人々を助けたサイラスは、そのまま炎の中に姿を消す。ミアは彼がいつも遠い何処かを見つめていたことを思い起こすのだった。
谷間に鳴る鐘
1973年 別冊マーガレット9月号
鐘職人である祖父マフェルト=メンツェルと暮らすお転婆な少女イルゼと子供たちが暮らす谷間の村には「悪魔の叫び声」が響き渡り家畜を怯えさせ、次々と村人が村を去るのだった。ある日、氷漬けの状態で発見された「フランケンシュタインの怪物」を監視する村人だが、ある夜、姿を消すもイルゼらと親しくなり、匿われていた。父親に告げ口した地主の息子ハインリッヒは父親同様にのけ者にされ、寂しさのあまり喧嘩を繰り返すばかりだったが、サイラスは彼の寂しさを感じ取りイルゼとの仲を取り持つ。そんな時、マフェルトの家で山越えの疲れを取っていた旅行者がふとしたことで「悪魔の叫び声」の正体を告げる。風により雲が吹き飛ばされた瞬間、鐘つき堂のような岩の穴を風が通り抜けることで起きる音が「悪魔の叫び声」だったのだ。それを知ったマフェルトは鐘を作り、その鐘を託されたサイラスは雪山に向かが、地主を疎む思いが「悪魔の叫び声」を消す手段の障害になってしまう。ハインリッヒに対する想いに戸惑ったイルゼが避けてしまったことで彼は傷つき、鐘のことを父親に告げてしまう。事情を知らされていなかった地主は部下に命じてサイラスを突き落とさせたことを知り激昂するマフェルトだったが、最初から鐘のことを打ち明けていれば回避できたことだった。しかし、谷間に鳴り響く清らかな鐘の音に成功を悟る人々。ハッキリと恋を自覚したイルゼはハインリッヒの手を取り友人らと共に村はずれに向かうが、サイラスは戻って来なかった。それでも子供たちは鐘の音が鳴り響くたび、村はずれの丘に集い帰らぬサイラスを待ち続けるのだった。
怒りの十字架
1975年 別冊マーガレット5月号
財宝が隠されていると噂される村で、それを聞きつけて住み着いたゴロツキどもで構成される村人全員から下働きとして酷使されている口のきけない孤児の少女ヒルダは、湖底に眠るサイラスを発見して甦らせ、彼と心を通わせる。しかし、その村に隠された財宝を引き上げるために領主や村人たちに酷使された彼女はサイラスの眼前で絶命する。怒れるサイラスは村人や領主を皆殺しにすると、ヒルダを湖底に弔って姿を消す。惨劇が終わって死の静寂が夜の城を包んだ時、サイラスの頬を流れた涙は再び血を流したことに対する後悔なのか、健気な少女が理不尽な暴力で息絶えたことを嘆き悲しんでのことなのか知る者はいない。
炎の地平線
1975年 別冊マーガレット10月号
主治医グスタフに預けられたサイラスと心を通わせる没落貴族の娘クリスティーネ。幼い頃に患った病での高熱が原因で脚が不自由になり、メイドのスガの助けを借りなければ足元の本すら拾えぬ我が身を嘆く彼女を狙う悪徳親子がいた。貴族に対する憎悪とその生活を熱望するという相反する感情で結ばれた悪徳親子ラドレックと息子アルトッシュ。そこにサイラスに復讐を誓うフランケンシュタイン博士と、博士が新たに作り上げた人造人間の美しい女性イボンヌが現れた。婚約者エリザベートとその幼い弟、大勢の人々を殺戮した過去のサイラスに対する憎悪に燃える博士はイボンヌがアルトッシュを殺して殺気立つ人々の誤解を利用し火山の地熱で火薬を起爆させサイラスを処刑しようとする。しかし、人間として覚醒したイボンヌが飛び出して彼を救おうとする。イボンヌは女性としてサイラスを愛してしまったのだ。火薬の箱の爆破により眠っていた火山が突然噴火してイボンヌは吹き飛ばされて絶命し、アルトッシュの仇を討とうとしたラドレックは貴族への足掛かりである果樹園が炎に包まれ狂気の果てに焼死した。サイラスを追って博士が去った後、死んだイボンヌの足の神経を移植してクリスティーネは愛するグスタフと共に新しい人生を歩み始める。

刊行書籍[編集]

マーガレット・コミックス 集英社

Star Comics 大都社

関連項目[編集]