越前魔太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越前 魔太郎(えちぜん またろう)は、2010年8月21日公開の映画『NECK [ネック]』に登場する架空の作家[1]。また、2010年4月からは、越前魔太郎の作品として「魔界探偵冥王星O」シリーズが講談社ノベルス電撃文庫メディアワークス文庫より実際に刊行されている[2]

刊行作品リスト[編集]

複数作家による覆面作家であり、2010年9月刊行の『デッドドールのダブルD』以外は、誰が書いているのか公式には明かされていない。(正体については、下記の#正体を参照)

  • 2010年4月上旬
  • 2010年6月上旬
    • 魔界探偵 冥王星O ホーマーのH (講談社ノベルス)イラスト:redjuice
    • 魔界探偵 冥王星O フィータスのF (『電撃文庫MAGAZINE』掲載)
  • 2010年6月下旬
  • 2010年8月上旬
    • 魔界探偵 冥王星O ジャンクションのJ (講談社ノベルス) イラスト:redjuice
  • 2010年8月下旬
    • 魔界探偵 冥王星O トイボックスのT (メディアワークス文庫)イラスト:鉄雄
  • 2010年9月上旬
    • 魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス)イラスト:redjuice (原作:越前魔太郎、著:舞城王太郎)

正体[編集]

覆面作家「越前魔太郎」の正体は、当初は明かされていなかったが、のちに公式サイトにて以下の8名の作家名が公表された[3]。ただし、どの作家がどの作品を担当したかは、イラストレータなどから推測されるものもあるが、公式には『デッドドールのダブルD』以外は明らかにされていない。

映画版[編集]

映画版の越前魔太郎は、真山杉奈(相武紗季)の幼馴染で、人気作家。担当編集者は赤坂英子(栗山千明)。

映画版『NECK』では、平岡祐太が越前魔太郎役を演じる。

脚注[編集]

  1. ^ 公開日については映画版『NECK』公式サイト(外部リンク)参照。
  2. ^ 刊行された作品及び刊行予定については「講談社BOOK倶楽部 『冥王星O』シリーズ 越前魔太郎|講談社ノベルス」(外部リンク)参照。
  3. ^ 「講談社BOOK倶楽部 『冥王星O』シリーズ 越前魔太郎|講談社ノベルス」(外部リンク)参照。
  4. ^ 各作家の代表作については、「講談社BOOK倶楽部 『冥王星O』シリーズ 越前魔太郎|講談社ノベルス」(外部リンク)での表示に従う。
  5. ^ 「魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD 越前魔太郎 舞城王太郎 講談社」(外部リンク)参照。

外部リンク[編集]