赤野工作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤野 工作(あかの こうさく)は、日本SF作家。ゲームレビュアー。ゲームコレクター。

経歴・人物[編集]

「クソゲー」のことを(「クソゲー」は存在しないとの立場から)「低評価ゲーム」と呼び、「低評価ゲーム」の収集とレビューを趣味としている。ニコニコ動画でも「低評価ゲーム」を再評価するためのレビューなどを投稿していた。これに関しては、幼い頃に父親にメガドライブと共に与えられた「ああ播磨灘」をとても楽しんでいたが、ある日ゲーム雑誌のレビューでそのゲームが酷評されていた事が活動の発端となっているという。

2015年、ビデオゲームの墓場から発掘された伝説の低評価ゲーム『E.T.』を入手した日本人として話題となり、電撃オンラインなどの日本のゲームサイトで取り上げられる[1]。その後、プロのゲームライターとして活動するようになる。

国内ネット上では「模範的工作員同志」の名前で活動していたが、中国の伝説の低評価ゲーム『血獅』に数十万の賞金を懸けて探している日本人として中国本土でも話題となり、2017年に中国のゲームサイト「触乐」のゲームライターとして「日本模范工作员同志的中国游戏大冒险」名義で大陸デビューした(ちなみに「同志」は中国語で「同性愛」の意味があるが、ペンネームはそのままだった)。

ゲーマーが高じ、小説サイト「カクヨム」に2115年まで生き延びた赤野工作が過去の低評価ゲーム(執筆時点から見れば未来に登場したという設定の架空のゲーム)をレビューするサイトを開設したというコンセプトのSF小説作品「The video game with no name」を投稿していたが、それが改稿のうえ書籍化し、2017年にプロの作家としてデビューに至った[2]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』(イラスト:石黒正数KADOKAWA、2017年6月)
    カクヨムで投稿されたのは全26話+αだが単行本に収録されたのはストーリー上の区切りとなる第21話までで、終盤の話は単行本未収録。

雑誌等への寄稿[編集]

小説[編集]

  • 「契約の成立」 - 『ユリイカ』2018年2月号(青土社、2018年1月)
  • 「邪魔にもならない」 - 『S-Fマガジン』2018年4月号(早川書房、 2018年2月)
  • 「能里先々代の記録」 - 『レイジングループ完全読本』(ホビージャパン、2018年3月)
  • 「お前のこったからどうせそんなこったろうと思ったよ」 - 『NOVA 2019年春号』(河出文庫、2018年12月)
  • 「2115年 パチモン最前線」 - 『ゲームラボ 令和元年春の特別号』(三才ブックス、2019年5月)
  • 「"面倒なセガファン"としてのお前の意見か?」 - 『ゲームラボ 年末年始2020』(三才ブックス、2019年12月)
  • 「今はまだ、何も知らないままでいよう」 - 『ゲームラボ 2020春夏』(三才ブックス、2020年6月)
  • 「悪いゲームのあくどい臭いと正しいゲームの正しき香り」 - 『ゲームラボ 年末年始2021』(三才ブックス、2020年12月)

記事・レポート[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電撃 - ゴミ捨て場から発掘されたゲームを十数万円で落札!? アタリショックで知られる『E.T.』座談会 電撃オンライン
  2. ^ 『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』著者紹介より。
  3. ^ スプラトゥーン2」、「Fallout 4」、「返校」を担当。

外部リンク[編集]