木本雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木本 雅彦
ペンネーム 木本 雅彦
(きもと まさひこ)
誕生 1972年????
日本の旗 日本
職業 小説家
ライトノベル作家
システムエンジニア
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2006年 -
代表作 星の舞台からみてる
主な受賞歴 2006年:第 8回えんため大賞小説部門佳作を受賞。(『声で魅せてよベイビー』), 2013年: 第2回キネティックノベル大賞ノベル&シナリオ部門佳作を受賞。
デビュー作 声で魅せてよベイビー
公式サイト 木本雅彦 公式ホームページ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

木本 雅彦(きもと まさひこ、1972年 - )はUNIX/インターネットのエンジニア,小説家,ライトノベル作家である。WIDEプロジェクトにも参加している。東京工業大学大学院博士課程満期退学後、博士号理学)取得(2004年)。発表する作品は、エンジニアとしての知識を活かした、情報技術を中心に据えた作風が特徴である。

経歴[編集]

2006年に、第8回えんため大賞小説部門で『声で魅せてよベイビー』が佳作を受賞し、同作品でデビューした。

2010年に、初の一般文芸作品となる『星の舞台からみてる』を刊行した。 月刊技術雑誌ASCII.technologiesにて、『株式会社・初台アーバンギルド』を連載していた。 ニコニコ動画VOCALOIDを用いたオリジナル楽曲を発表するなどの活動も行う。

2010年1月にAmazon Kindle用電子書籍である『鋼の記憶を抱いて』を出版する (本人の主張によれば、現役作家による日本語のオリジナル小説では世界初とのこと)。すべての日本語文字を画像に変換して書き込むことで、日本語文字に対応していないKindleでも日本語文字を表示させた。

2011年5月に第1子となる長男が誕生し、長男がダウン症であることをブログにて告白した。

2013年に、第2回キネティックノベル大賞ノベル&シナリオ部門で佳作を受賞(受賞作タイトルは「ヒカル・カイメン」)。

2014年には、アスキー・メディアワークスより、「はじめてUNIXで仕事をする人がよむ本」を出版。著者はじめての技術書となる。

作品リスト[編集]

外部リンク[編集]