松尾由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松尾 由美(まつお ゆみ、1960年11月27日 - )は日本SF作家推理作家石川県金沢市出身。

経歴・人物[編集]

金沢大学附属中学校金沢大学附属高等学校を経て、お茶の水女子大学文教育学部外国文学科英文学専攻卒。日本推理作家協会本格ミステリ作家クラブ日本文芸家協会に所属。夫はSF作家の柾悟郎[1]

高校時代はラジオ「欽ドン」常連有名人。単行本『欽ドン』パート5や6に自画像などが掲載されている。

大学時代は「お茶水女子大学SF研究会」に所属。卒業後、7年間のメーカー勤務を経て小説を書きはじめる。1989年、柾との合作「エモーショナル・レスキュー」でSFファンジン大賞・創作部門を受賞。

1989年、『異次元カフェテラス』を刊行してデビュー。その二年後には『バルーン・タウンの殺人』で第17回ハヤカワ・SFコンテスト入選を果たし、1994年に同名の作品集を刊行して注目を集める。

『安楽椅子探偵アーチー』シリーズや、『バルーンタウン』シリーズ等に見られるユニークな設定とユーモラスな作風とで知られる。

自筆プロフィールには「肩書きは作家のほか、ルー・リード研究家(自称)、ニューヨーク・ドールズの伝記翻訳家(版元募集中)」とある。作中で自己の趣味を押し出すことは少ないが、登場するネコの名前に往年のドイツオペラ歌手のファーストネームをズラリとつけた作品が存在する。

作品リスト[編集]

単著[編集]

「バルーン・タウン」シリーズ[編集]

  • バルーン・タウンの殺人(1994年1月 ハヤカワ文庫JA / 2003年12月 創元推理文庫)
  • バルーン・タウンの手品師(2000年10月 文藝春秋 / 2004年7月 創元推理文庫)
  • バルーン・タウンの手毬唄(2002年9月 文藝春秋 / 2005年5月 創元推理文庫)

「安楽椅子探偵アーチー」シリーズ[編集]

  • 安楽椅子探偵アーチー(2003年8月 東京創元社 / 2005年10月 創元推理文庫)
  • 安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎(2006年10月 創元クライム・クラブ / 2009年7月 創元推理文庫)

「ハートブレイク・レストラン」シリーズ[編集]

  • ハートブレイク・レストラン(2005年11月 光文社 / 2008年7月 光文社文庫)
  • ハートブレイク・レストラン2(2015年6月 光文社文庫)

その他[編集]

  • 異次元カフェテラス(1989年5月 アルゴ文庫)
  • ブラック・エンジェル(1994年8月 光風社出版 / 2002年5月 創元推理文庫)
  • ピピネラ(1996年2月 講談社 / 2005年1月 講談社文庫)
  • ジェンダー城の虜(1996年8月 ハヤカワ文庫JA)
  • マックス・マウスと仲間たち(1997年10月 朝日新聞社)
  • 瑠奈子のキッチン(1998年8月 講談社)
  • おせっかい(2000年6月 幻冬舎 / 2006年2月 新潮文庫)
  • 銀杏坂(2001年9月 光文社 / 2004年1月 光文社文庫)
  • スパイク(2002年11月 光文社 / 2004年11月 光文社文庫)
  • 雨恋(2005年1月 新潮社 / 2007年8月 新潮文庫)
  • いつもの道、ちがう角(2005年12月 光文社文庫)
  • 九月の恋と出会うまで(2007年 新潮社 / 2009年8月 新潮文庫)
  • 人くい鬼モーリス(2008年 理論社ミステリーYA!)
    • 【改題】モーリスのいた夏(2011年9月 PHP文芸文庫)
  • フリッツと満月の夜(2008年4月 ポプラ社)
    • 【改題】ぼくと猫と満月の夜(2012年5月 ポプラ文庫ピュアフル)
  • 煙とサクランボ(2011年 光文社 / 2014年4月 光文社文庫)
  • 花束に謎のリボン(2012年2月 光文社文庫)
  • わたしのリミット(2013年9月 東京創元社)

アンソロジー[編集]

「」内が松尾由美の作品

  • 名探偵の饗宴(1998年3月 朝日新聞社 / 2015年3月 朝日文庫)「バルーン・タウンの裏窓」
  • 恋する男たち(1999年1月 朝日新聞社 / 2005年3月 新潮文庫)「マンホールより愛をこめて」
  • Little Selections 21 わたし(2003年4月 ポプラ社)「バルーン・タウンの殺人」
  • ザ・ベストミステリーズ 2003 推理小説年鑑(2003年7月 講談社)「バルーン・タウンの手毬唄」
    • 【分冊・改題】殺人の教室 ミステリー傑作選(2006年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2004 推理小説年鑑(2004年7月 講談社)「走る目覚まし時計の問題」
    • 【分冊・改題】犯人たちの部屋 ミステリー傑作選(2007年11月 講談社文庫)
  • 最後の恋 つまり、自分史上最高の恋。(2008年11月 新潮文庫)「わたしは鏡」
  • NOVA 8 書き下ろし日本SFコレクション(2011年8月 河出文庫)「落としもの」
  • アンソロジー 隠す(2017年2月 文藝春秋)「誰にも言えない」

脚注[編集]

  1. ^ 権田萬治新保博久監修『日本ミステリー事典』(新潮社)より