樺山三英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樺山 三英(かばやま みつひで、1977年10月17日[1] - )は日本の小説家SF作家東京都生まれ。学習院大学文学部卒業。父は歴史学者の樺山紘一

『ジャン=ジャックの自意識の場合』で、第8回日本SF新人賞を受賞し、2007年デビューした。既存の古典文学を本歌取りしつつ、独自の広がりを加える作風で知られる。 2010年、『ハムレット・シンドローム』で、第8回センス・オブ・ジェンダー賞・話題賞を受賞した。

作品リスト[編集]

単行本
寄稿、対談
  • 跋 (『SF Japan』 2007年春号、徳間書店)
  • セルゲイ・Pの思い出 (SF Japan 2008年春号、徳間書店)
  • ONE PIECES (SF Japan 2008年冬号、徳間書店)→ 『超弦領域』大森望、日下三蔵編 (創元SF文庫、2009年6月) 所収
  • マイ・スタンダードSF (『S-Fマガジン』 2011年9月号、早川書房)
  • 庭、庭師、徒弟 (『NOVA 書き下ろし日本SFコレクション 6』 大森望編 河出文庫、2011年11月 所収)
  • Talk Session 歴史と自我の狭間で : 『ゴースト・オブ・ユートピア』とSFの源流 (『S-Fマガジン』 2012年8月号、早川書房) - 岡和田晃との対談。
  • 無政府主義者の帰還(第1回) (『S-Fマガジン』 2013年2月号、早川書房)
  • 無政府主義者の帰還(第2回) (『S-Fマガジン』 2013年3月号、早川書房)
  • 無政府主義者の帰還(最終回) (『S-Fマガジン』 2013年4月号、早川書房)
  • セヴンティ (『季刊メタポゾン』 第10号(2013年暮秋) 2013年12月、メタポゾン) (大江健三郎『セヴンティーン』を下敷き)
  • 【対談】私市保彦×樺山三英 (『ユリイカ』2014年9月号 2014年8月27日、青土社)
  • あるゾンビ報告(『人工知能の見る夢は AIショートショート集』 人工知能学会文春文庫、2017年5月 所収)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.447

外部リンク[編集]