仁木稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仁木稔(にき みのる、1973年 - )は日本の女性作家SF作家長野県生まれ。

龍谷大学大学院文学研究科修士課程修了。2004年、ハヤカワSFシリーズ Jコレクションより長編『グアルディア』を発表し作家デビュー。

デビュー以来書き続けている作品はそれぞれ独立した物語だが、文明崩壊前後の共通した世界を舞台とする「HISTORIAシリーズ」という未来史を構成している。

著書[編集]

HISTORIAシリーズ[編集]

  • グアルディア(2004年、早川書房ハヤカワSFシリーズ Jコレクション
  • ラ・イストリア(2007年、早川書房、ハヤカワ文庫JA
  • ミカイールの階梯(2009年、早川書房、ハヤカワSFシリーズ Jコレクション、上下巻)
  • ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち(2014年、早川書房、ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
    • ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち(『SFマガジン』2012年6月号、早川書房)
    • はじまりと終わりの世界樹(『SFマガジン』2012年8月号、早川書房)
    • The Show Must Go On!(『SFマガジン』2013年6月号、早川書房)
    • The Show Must Go On, and…
    • … 'STORY' Never Ends!

ノベライズ[編集]

短編[編集]

  • 完璧な涙(『神林長平トリビュート』所収、早川書房、2009年11月) - 神林長平へのトリビュート作品集。神林の同題作品のリメイク。
  • にんげんのくに(『伊藤計劃トリビュート』所収、早川書房、2015年8月) - 伊藤計劃へのトリビュート作品集。HISTORIAシリーズ
  • 神の御名は黙して唱えよ(『NOVA+ 屍者たちの帝国』所収、河出書房新社、2015年10月) - 『屍者の帝国』シェアードワールド・アンソロジー。

外部リンク[編集]