新川帆立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しんかわ ほたて
新川 帆立
誕生 1991年2月
アメリカ合衆国の旗 アメリカテキサス州ダラス
職業 ミステリー作家
弁護士
プロ雀士
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
教育 東京大学法学部
法務博士(専門職)
最終学歴 東京大学法科大学院 修了
活動期間 2020年 -
ジャンル ミステリー小説
エンターテインメント小説
代表作 『元彼の遺言状』(2020年)
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞
(2020年、第19回)
デビュー作 『元彼の遺言状』
(原題:「三つ前の彼」)
テンプレートを表示

新川 帆立(しんかわ ほたて、1991年平成3年〉2月 - )は日本のミステリー作家弁護士。元プロ雀士。166cm、AB型[1]

宮崎大学教育学部附属中学校卒業[2][3]茨城県立土浦第一高校卒業[4]東京大学法学部卒業、同法科大学院修了。

2020年10月、著書『元彼の遺言状』で宝島社主催第19回『このミステリーがすごい!』大賞受賞[5]

2021年1月より弁護士を休職し、作家業に専念している[4]ボストンを経てシカゴ在住[3]

来歴[編集]

家族[編集]

  • 東大法科大学院の同級生で弁護士の夫と事実婚関係にあり、都内で二人暮らしをしている[2][4]
  • アメリカ合衆国ボストンに在住していたが、2021年8月、シカゴに引っ越した[14][3]
  • 両親や親戚が住む宮崎県には年に2、3回帰省。実家には愛猫4匹がいる[2]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

『元彼の遺言状』シリーズ[編集]

その他の小説[編集]

雑誌等掲載作品[編集]

小説
  • 「ラスト・セックス」 - 『an・an』No. 2257(2021年7月14日号)
  • 「接待麻雀士」 - 『小説すばる』2021年9月号
  • 「さとねり」 - 『田舎暮らしの本』2021年11月号
  • 「動物裁判」 - 『小説すばる』2021年12月号
  • 競争の番人」 - 『小説現代』2021年12月号 - 2022年3月号連載
  • 「雪吊り殺人事件」 - 『北國新聞』2021年12月25日朝刊
  • 「自家醸造の女」 - 『小説すばる』2022年4月号
  • 「健康なまま死んでくれ」 - 『小説すばる』2022年6月号
  • 「誰にも言えないお熱な物語」 - 『3分で読める! 誰にも言えない○○の物語』(宝島社文庫、2022年5月)
  • 「シレーナの大冒険」 - 『小説すばる』2022年9月号
エッセイなど
  • 「受賞のコトバ」 - 『公募ガイド』2021年2月号
  • 「私的偉人伝」 - 『小説すばる』2021年2月号
  • 「著者に訊く 新川帆立『元彼の遺言状』」 - 『別冊文藝春秋』2021年3月号
  • 「わたしの東京」 - 『小説新潮』2021年7月号
  • 「第二の人生選んだ人」 - 『Maybe!』vol.11(2021年6月29日、小学館)
  • 「公正取引委員会ってどんなところ?」 - 『小説現代』2021年12月号
  • 「異色鼎談/弁護士になるか、作家になるか?」(五十嵐律人織守きょうやとの鼎談) - 『小説現代』2021年12月号
  • 「地図とは何か。建築とは何か。そして、小説とは何か。」(小川哲との対談) - 『小説すばる』2022年9月号
解説

受賞歴[編集]

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『元彼の遺言状』新川帆立氏が考える『このミス』大賞攻略の5要素」『NEWSポストセブン株式会社小学館 ポストセブン編集局、2021年1月22日、3面。2021年10月17日閲覧。
  2. ^ a b c “「このミステリーがすごい!」大賞 新川さん(宮大付属中卒)”. 宮崎日日新聞 e-press (株式会社宮崎日日新聞社). (2020年10月2日). https://www.the-miyanichi.co.jp/special/happynews/detail.php?detailid=1610783666 2021年10月17日閲覧。 
  3. ^ a b c d “冷静に現実を見つめて 神話 小説作りの参考に 「このミス」大賞作家 新川 帆立さん”. 宮崎日日新聞 (株式会社宮崎日日新聞社) (第29008号): p. 10【文化】. (2021年10月16日) 
  4. ^ a b c d e “土浦一高出身弁護士のデビュー小説ヒット 新川帆立さん、「このミステリーがすごい!」大賞 「日常、少しでも明るく」”. 茨城新聞クロスアイ (株式会社茨城新聞社). (2021年2月2日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16121782264495 2021年10月17日閲覧。 
  5. ^ “新川さん(宮大付属中卒)大賞 「このミステリーがすごい」”. 宮崎日日新聞 e-press (株式会社宮崎日日新聞社). (2020年10月2日). https://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_47868.html 2021年10月17日閲覧。 
  6. ^ “第19回「このミステリーがすごい!」の大賞に輝いた 新川帆立(しんかわ・ほたて)さん”. 宮崎日日新聞 e-press (株式会社宮崎日日新聞社). (2020年10月13日). https://www.the-miyanichi.co.jp/hito/_48078.html 2021年10月17日閲覧。 
  7. ^ a b c d “異色の経歴”小説家・新川帆立に初密着 東大卒、元プロ雀士、現役弁護士…7つのルールとは”. ORICON NEWS (2021年2月23日). 2021年2月24日閲覧。
  8. ^ a b c yukigao (2020年12月6日). “小説家として生きていくために弁護士へ。新川帆立の原点とキャリア戦略”. U-29.com | ユニークドットコム. 2021年2月24日閲覧。
  9. ^ 元彼の遺言状|新川 帆立”. 宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル. 株式会社宝島社. 2021年2月24日閲覧。
  10. ^ a b c d 猪谷千香 (2021年1月8日). “作家になるため弁護士に…異色キャリアの新川帆立さん 『このミス』大賞受賞作『元彼の遺言状』の舞台裏”. 弁護士ドットコム. 弁護士ドットコム株式会社. 2021年10月17日閲覧。
  11. ^ 『このミス』大賞!話題の新人・新川帆立「やる気が出たのは、夢を抱いてから10年後でした」”. やる気ラボ (2021年1月8日). 2021年2月24日閲覧。
  12. ^ “第19回『このミステリーがすごい!』大賞決定!大賞は東大法学部出身の女性弁護士” (プレスリリース), 株式会社宝島社, (2020年10月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001058.000005069.html 2022年1月17日閲覧。 
  13. ^ “綾瀬はるか:“月9”初主演で初の弁護士役 「このミス」大賞作「元彼の遺言状」実写化で”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2022年1月17日). https://mantan-web.jp/article/20220116dog00m200031000c.html 2022年1月17日閲覧。 
  14. ^ 新川帆立 [@hotate_shinkawa] (2021年8月28日). "「ボストン→シカゴに引っ越したのですが、家具付きと思っていたマンションに家具がなかった……。慌ててレンタル家具を申し込んだけど、届くまでヨガマット一枚で暮らしてる。修行僧かよ」" (ツイート). 2021年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2021年10月17日閲覧

外部リンク[編集]