古屋美登里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古屋 美登里(ふるや みどり、1956年 - )は、日本の翻訳家エッセイスト

神奈川県平塚市生まれ。神奈川県立平塚江南高等学校出身、早稲田大学教育学部卒業後「早稲田文学」の編集に従事。20代から翻訳を始め、当初はコンピューター、ビジネス書、のち英米の小説やノンフィクションを訳す。10代後半から倉橋由美子の薫陶を受け、倉橋の死後、倉橋作品の復刊に携わる。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 日曜日のコンピュータ読本 BASICから人工知能までの面白情報ランド マイク・エーデルハート、ダグ・ゲール 服部康夫共訳 ダイヤモンド社 1985
  • コンピュータ、嫌いでも使いこなす 知的生産技術としてのアルゴリズム ジョン・ショア ダイヤモンド社 1986
  • 戦略はシンプルなほど成功する IBMを標的にしたわが半生 アン・ワング ダイヤモンド社 1987
  • イーディ '60年代のヒロイン ジーン・スタイン ジョージ・プリンプトン 青山南 共訳 筑摩書房 1989
  • ハートストーン ルース・レンデル 福武書店 1989
  • ミセス・キャリバン レイチェル・インガルズ 福武書店 1991
  • 蛙たちが死んだ夏 デブラ・スパーク 筑摩書房 1991
  • ザ・シンギング シーロン・レインズ 講談社 1992
  • モロニック・インフェルノ マーティン・エイミス 筑摩書房 1993
  • あなたがいて、よかった バーバラ・シュルゴールド、リン・シピオーラ 実川元子共訳 文藝春秋 1995
  • ラブレター 返事のこない60通の手紙 ジル・トルーマン 倉橋由美子共訳 宝島社 1995
  • あなたといた場所 ローリー・ムーア 新潮社 1995
  • お気をつけて、いい旅を。異国で出会った悲しくも可笑しい51の体験 メアリー・モリス他 中俣真知子共訳 アスペクト 1995
  • きみたち、飼主というやつは、まったく ネコたちのユーウツ スティーブン・ベイカー アスペクト 1996
  • I shot Andy Warholポップカルト・ブック メアリー・ハロン、ダニエル・ミナハン 早川書房 1996
  • レナの約束 レナ・K.ゲリッセン、ヘザー・D.マカダム 清流出版 1996 のち中公文庫 2011
  • 天国なんか待たせておけ! わたしの乳がん日記 エリザ・セグレイヴ 三田出版会 1997
  • 猫はゴルフなんかしない リンダ・コナー、アントーニア・ヴァン・ダー・ミール アスペクト 1997
  • もし川がウィスキーなら T・コラゲッサン・ボイル 青山南共訳 新潮社 1997
  • セックスとニューヨーク シングル・ウーマンが語る性的生活 キャンディス・ブシュネル 早川書房 1997 のち文庫
  • 岬 チャールズ・ダンブロジオ 早川書房 1998
  • 魂の叫び 11歳の殺人者、メアリー・ベルの告白 ジッタ・セレニー 清流出版 1999
  • なくてはならない狂気 ジェン・クローウェル 新潮社 1999
  • 「ニューヨーカー」とわたし 編集長を愛した四十年 リリアン・ロス 新潮社 2000
  • ドリームチーム弁護団 シェルドン・シーゲル 講談社文庫 2001
  • サンタクロースの忘れもの ローリー・ムーア 新潮社 2001
  • 検事長ゲイツの犯罪 ドリームチーム弁護団 シェルドン・シーゲル 講談社文庫 2002
  • 望楼館追想 エドワード・ケアリー 文藝春秋 2002 のち文春文庫 2004
  • いつかわたしに会いにきて エリカ・クラウス 早川文庫 2002
  • ブロンド マリリン・モンローの生涯 ジョイス・キャロル・オーツ 講談社 2003
  • 心察 ぬくもりとやすらぎを求めて デイヴィッド・クール 医学評論社 2003
  • ブロンドinラブ キャンディス・ブシュネル 早川書房 2003 のちハヤカワ文庫 彼女たちが欲しいもの 2008
  • モテる女になるためのラブ・ルール フェロモン篇/セックス篇 バーバラ・キースリング ソニー・マガジンズ 2003
  • 極楽にいった猫 エリザベス・コーツワース 清流出版 2003
  • あなたはひとりぼっちじゃない アダム・ヘイズリット 新潮社 2004
  • セックス・アンド・ザ・シティのキュートな欲望 性とファッションの秘密を探る キム・アカス、ジャネット・マッケイブ編 柿沼瑛子、安原和見共訳 朝日出版社 2004
  • アルヴァとイルヴァ エドワード・ケアリー 文藝春秋 2004
  • One day 死ぬまでにやりたい10のこと ダニエル・エーレンハフト ポプラ社 2005
  • サリー花のような女の子 ダウン症の天才少女画家 ビル・アンダーソン 光文社 2005
  • 二十一の短編 グレアム・グリーン 共訳 ハヤカワepi文庫 2005
  • 素晴らしい親魅力的な教師 アウグスト・クリ ポプラ社 2006
  • 観光 ラッタウット・ラープチャルーンサップ 早川書房 2007 のちハヤカワepi文庫 2010
  • モテのラブ・ルール バーバラ・キースリング ヴィレッジブックス 2007
  • 暗号名サラマンダー ジャネット・ターナー・ホスピタル 文藝春秋 2007
  • ぼくには数字が風景に見える ダニエル・タメット 講談社 2007 のちに講談社文庫 2014
  • ニューヨーク・チルドレン クレア・メスード 早川書房 2008
  • 記憶に残っていること 新潮クレストブックス 堀江敏幸編 共訳 2008
  • 日曜日の空は アイラ・モーリー 早川書房 2009
  • 静かなアリス リサ・ジェノヴァ 講談社 2009 のちに改題 アリスのままで キノブックス 2015
  • 夫の愛した恋人たち ブリジット・アッシャー 文春文庫 2009
  • 天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界 ダニエル・タメット 講談社 2011
  • ネザーランド ジョセフ・オニール 早川書房 2011
  • 奪われた人生 ジェイシー・デュガード 講談社 2012  2016年に『誘拐監禁』文庫化
  • 森の奥へ ベンジャミン・パーシー 早川書房 2012
  • 見えない日本の紳士たち グレアム・グリーン 共訳 ハヤカワepi文庫 2013
  • 双眼鏡からの眺め イーディス・パールマン 早川書房 2013
  • 国境の向こう側 グレアム・グリーン 共訳 ハヤカワepi文庫 2013
  • もっと厭な物語 共訳 文春文庫 2014
  • ぼくと数字のふしぎな世界 ダニエル・タメット 講談社 2014
  • モンスターズ 現代アメリカ傑作短編集 B・J・ホラーズ編 白水社 2014
  • 海を照らす光 M・L・ステッドマン 早川書房 2015  のちにハヤカワepi文庫 2017
  • 帰還兵はなぜ自殺するのか デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房 2015
  • ベスト・ストーリーズIぴょんぴょんウサギ球 リング・ラードナー他 共訳 早川書房 2015
  • 兵士は戦場で何を見たのか デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房 2016
  • 堆塵館(アイアマンガー三部作 その1) エドワード・ケアリー 東京創元社 2016
  • シリアからの叫び 亜紀書房 2017
  • 穢れの町(アイアマンガー三部作 その2) エドワード・ケアリー 東京創元 2017