アリス・マンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アリス・マンロー
Alice Ann Munro
誕生 Alice Ann Laidlaw
アリス・アン・レイドロー
(1931-07-10) 1931年7月10日(85歳)
カナダの旗 カナダ オンタリオ州 ウィンガム
職業 小説家
ジャンル 短篇小説
代表作 『木星の月』(1982年)
『イラクサ』(2001年)
『林檎の木の下で』(2006年)
主な受賞歴 全米批評家協会賞(1998年)
ブッカー国際賞(2009年)
ノーベル文学賞(2013年)
デビュー作 『Dance of the Happy Shades』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2013年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:現代短篇小説の名手として

アリス・マンローAlice Ann Munro 1931年7月10日 - )はカナダ人の作家。短篇小説の名手として知られる。2013年ノーベル文学賞受賞。

略歴[編集]

オンタリオ州の町ウィンガムの出身。ウェスタンオンタリオ大学にて英文学を専攻。1951年に結婚。大学を中退し、図書館勤務や書店経営を経験しつつ執筆活動をはじめ、初の短篇集 Dance of the Happy Shades(1968年)が同年のカナダ総督文学賞を受賞すると、 Who Do You Think You Are? (1978年)、『愛の深まり』(1986年)でも同賞を受賞した。

その後もカナダの一地方を舞台とする作品を発表し続け、アメリカの雑誌「ニューヨーカー」にも作品が掲載され、国外での評価もすすむ。やがて全米批評家協会賞をはじめW・H・スミス賞ペン・マラマッド賞オー・ヘンリー賞(2006年、2008年、2012年)など多くの文学賞を受賞し、2005年には、「タイム」誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれた。2009年にブッカー国際賞を、2013年にノーベル文学賞を受賞した。

連作短篇集『林檎の木の下で』では、自らのルーツとして、エディンバラからカナダへ移り住んだ一族の物語を3代にわたり描いている。 2013年6月には執筆生活からの引退を表明した[1]

主な著作[編集]

映像化作品[編集]

  • アウェイ・フロム・ハー君を想う』「クマが山を越えてきた」(『イラクサ』所収)を映画化。
    • この他、「恋占い」(『イラクサ』所収)の映画化を予定。これまでに数作がテレビで映像化されてもいる。

脚註[編集]

  1. ^ Alice Munro announces retirement from writing National Post, 2013年6月19日

外部リンク[編集]