トーマス・トランストロンメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トーマス・トランストロンメル
Tomas Tranströmer
Transtroemer.jpg
トーマス・トランストロンメル(2008)
誕生 Tomas Gösta Tranströmer
トンマス・イェスタ・トラーンストレメル
(1931-04-15) 1931年4月15日
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
死没 (2015-03-26) 2015年3月26日(満83歳没)
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
ジャンル
主な受賞歴 北欧理事会文学賞(1990年)
スウェーデン・アカデミー北欧賞(1991年)
ノイシュタット国際文学賞(2000年)
ストルガ詩の夕べ金冠賞(2003年)
ノーベル文学賞(2011年)
デビュー作 『17編の詩』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2011年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:「稠密で透光性のあるイメージを通じて、読者に現実への斬新な道筋を与えたこと」

トーマス・トランストロンメルトンマス・イェスタ・トラーンストレメル、Tomas Gösta Tranströmer [ˌtʊmːas ˈjœsˈta ˈtɹɑːnstɹœməɹ], 1931年4月15日 - 2015年3月26日)は、スウェーデン詩人ストックホルム生まれ。

戦後のスウェーデンを代表する詩人で、短い自由詩のなかに神秘的世界をイメージ豊かに描く詩人として知られる。音楽性も豊かで自然描写に優れ、独創的なメタファーを駆使することから「隠喩の巨匠」と呼ばれる。作品は60以上の言語に翻訳されている。来日経験はないものの、日本の俳句にも深い造詣を持つ。

2011年ノーベル文学賞受賞。

来歴[編集]

ジャーナリストの父と教師の母の間に生まれる。1956年ストックホルム大学を卒業、臨床心理学者として非行少年や薬物中毒者のための更生施設などで働いた。

1990年には脳卒中で倒れ、言語障害と右半身不随を患うが、闘病のかたわら詩作を続けた。同年ノイシュタット国際文学賞受賞。 2003年にはストルガ詩の夕べで金冠賞を受賞した。

2015年3月26日死去[2]。83歳没。

主要作品[編集]

  • 17編の詩(17 dikter 1954年)
  • 路上の秘密(Hemligheter på vägen 1958年)
  • 半ば出来上がりの天国(Den halvfärdiga himlen 1962年)
  • 闇の視界(Mörkerseende 1970年)
  • 小径(Stigar 1973年)
  • バルト海Östersjöar 1974年)
  • 真実の砦(Sanningsbarriären 1978年)
  • 荒れた広場(Det vilda torget 1983年)
  • 生きる者と死者のために(För levande och döda 1988年)
  • 悲しみのゴンドラ(Sorgegondolen 1996年)
  • 収監所(Fängelse 2001年)
  • 大きな謎かけ(Den stora gåtan 2004年)

日本語訳[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]