ヨン・フォッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨン・フォッセ
Jon Fosse
Jonfosse1.png
誕生 (1959-09-29) 1959年9月29日(58歳)
 ノルウェー ハウゲスン
国籍  ノルウェー
ジャンル 戯曲散文エッセイ
主な受賞歴 スウェーデン・アカデミー北欧賞(2007)
ドイツ児童文学賞(2007)
国際イプセン賞(2010)
北欧理事会文学賞(2015)
デビュー作 『黒と赤』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヨン・フォッセJon Fosse, 1959年9月29日 - )はノルウェー劇作家著作家ハウゲスン出身。

来歴[編集]

ベルゲン大学卒業。1983年散文『黒と赤』で作家としてデビュー、1994年には初の劇作『だれか、来る』を上梓し、「イプセンの再来」、「21世紀のベケット」などと呼ばれる。ヘンリック・イプセン以外では最も上演回数の多いノルウェー人劇作家として現代演劇の最前衛をリードしており、40以上の言語に翻訳されている。その他、児童文学も手がけている。

日本では『だれか、来る』『名前』『眠れ、よい子よ』『ある夏の一日』、『死のヴァリエーション』、『スザンナ』といった戯曲が上演されている。

作風[編集]

彼の作品は、家族関係と世代間の関係を介して見ることができる人生、愛と死のような私たちの生活の中で見ることができる普遍的な姿である。世代間の関係について、彼は、言葉では決して総合的に考察することができないこと、すなわち、罪と失望の源泉の問題を扱う。

彼の作品には、一見あまりにも平凡に見えて誰もが感じることができる生活の映像が単純な構造で明らかにされる。この図には、多くの事件が発生していない、常に同じ人物が登場する。父、母、子供、男性(夫)、女性(妻)、男の子、女の子。ここで背景によく登場する人物は祖母、そして時々隣人たちである。

これらはほとんどの名前がなく、特別な固有の性格が付与されない。人物たちは常に単純な、一般的な人々であり、彼らの関係は一目で把握することができる。そのため、彼の作品は、平凡性と普遍性を介して、私たちの生活をもう一度心からのぞいてみようと試みる。彼の生み出す人間関係は、誰もが苦しむことができる状況であり、その関係がまた徹底的に観察されて把握することができ、普遍性のミニマリズムに評価されることもある。それほどフォッセが作品の中で露出されている現実は、具体性を持っている。

一見単純に見える現実の断面は、太い輪郭からなる淡々とした絵に描いて通ってその間の余白には、人間の生活の具体的な姿が存在する。それは現代人が生み出すコミュニケーションの不在の社会的関係でもあり、人間の意識の中に存在する無形の原形質でもある。

何よりもフォッセの言語は、俳優と演出者に大きな挑戦となる。彼の言語は完全に圧縮され省略された形で、文章の断片、継続して繰り返される単語から成っている。完全に句読点なしで使われた彼のテキストは、解釈とリズムのすべての力を俳優と演出者の手に渡す。

フォッセは人生の本質的なものが埋もれないようにするために、不必要な音を除去する。彼の言語は常に回転していると言うユニークな動きで構成されている。ほとんどモノトーンの文、部分的には、スタッカートのように投げられる文章の中で、いくつかの生活の構造の、人間の内的な心理構造が現在と過去の時間が交差する中凝縮された形で公開されている。

ここでフォッセは沈黙の瞬間を適切に使用する。人物の会話の過程中に繰り返さ使用されている「間」の沈黙は、この行間を人物の言葉のない真実が行き来する。音と音なしの独特のリズム - この緊張と弛緩のリズムを介してフォッセは、人間の生活の真正性は何なのかを問いかける。

参考文献[編集]

  • 「北欧の舞台芸術」2011年 三元社
  • 「ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち」2014年 青月社

外部リンク[編集]