ジェニファー・ダウドナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jennifer Doudna
ジェニファー・ダウドナ
Professor Jennifer Doudna ForMemRS.jpg
ジェニファー・ダウドナ(2016)
生誕 Jennifer Anne Doudna
(1964-02-19) 1964年2月19日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 生化学
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
イェール大学
出身校 ポモナ・カレッジ
ハーバード大学
コロラド大学ボルダー校
論文 Towards the design of an RNA replicase (1989)
博士課程
指導教員
ジャック・W・ショスタク
他の指導教員 トーマス・チェック
主な業績 CRISPR
主な受賞歴 #受賞歴参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2020年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ゲノム編集の手法の開発

ジェニファー・ダウドナ(Jennifer Anne Doudna, 1964年2月19日 - )はアメリカ合衆国化学者生物学者分子生物学細胞生物学)。カリフォルニア大学バークレー校教授[1]。1997年以来、ハワード・ヒューズ医学研究所(HHMI)の研究者である。エマニュエル・シャルパンティエと共にゲノム編集技術CRISPR-cas9を開発した。

2020年、ノーベル化学賞受賞[2]

来歴[編集]

ワシントンD.C.生まれハワイ育ち。小学6年生のとき、DNA研究の先駆者ジェームズ・ワトソンの著書『二重らせん』を父親から贈られ、生物学の面白さに取りつかれた[3]カリフォルニア州ポモナ・カレッジ大学で化学の学士号を取得。当時、自分の科学に対する能力に疑問を感じてフランス語専攻に変更することを検討したが、フランス語専攻の先生に科学分野に執着するようにと助言された[4]。大学院は「驚いたことに」入学できたハーバード大学ジャック・W・ショスタクの指導の下、生化学の博士号を取得した[5][3]

その後はマサチューセッツ総合病院やハーバード大学医学部での研究員を経て、1991年から1994年までコロラド大学ボールダー校でトーマス・チェック研究室のポスドクとなった。キャリア初期の研究はRNA酵素またはリボザイムの構造と生物学的機能を明らかにすることにあり、チェック研究室では初めてリボザイムを結晶化して三次元構造を決定したことで、リボザイムの構造を触媒タンパク質である酵素の構造と比較することに成功した[4]。1994年にアシスタント・プロフェッサーとしてイェール大学に移籍後も同研究を続け、1996年に終えた。次に、リボザイムの活性部位のX線回折に基づく構造研究を行った。

2002年よりカリフォルニア大学バークレー校の教授に就任。この頃、同校のジリアン・バンフィールド英語版博士により最近におけるCRISPRを紹介され、その酵素メカニズムを研究し始めた[6][7]。また、ここでは中年の危機に陥るが、思い切って民間企業(ジェネンテック)に飛び込んだことで自分には学術界があっていると気づくことができたという[8]。2011年にプエルトリコで偶然出会ったエマニュエル・シャルパンティエと共同研究を行い、翌年にはゲノム編集技術CRISPR-cas9を示す論文を発表した[9][10]

CRISPR-cas9を活用する企業CaribouやScribe Therapeutics、Mammoth Biosciencesを創設している。

2016年王立協会外国人会員選出。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ https://biosciences.lbl.gov/wp-content/uploads/2015/10/Doudna_cv_082815-CURRENT.pdf
  2. ^ 2020年ノーベル化学賞受賞者発表のプレスリリース(和訳)”. バイオステーション. 2020年12月4日閲覧。
  3. ^ a b ノーベル化学賞のダウドナ氏、最大の強みは執着心”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2020年12月14日閲覧。
  4. ^ a b Marino, Melissa (2004-12-07). “Biography of Jennifer A. Doudna”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101 (49): 16987–16989. doi:10.1073/pnas.0408147101. ISSN 0027-8424. PMID 15574498. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC535403/. 
  5. ^ Doudna, Jennifer Anne. “Towards the Design of an RNA Replicase”. ProQuest. 2020年12月14日閲覧。
  6. ^ Jill Banfield: How a curious Google search led me to Jennifer Doudna”. Berkeley News. 2020年12月14日閲覧。
  7. ^ Jennifer Doudna's First Reactions to 2020 Nobel Prize Win (published Oct 7, 2020 to the UC Berkeley channel on YouTube)
  8. ^ A day with Jennifer Doudna: Trying to keep up with one of the world’s most sought-after scientists”. Chemical & Engineering News. 2020年12月14日閲覧。
  9. ^ “A programmable dual-RNA-guided DNA endonuclease in adaptive bacterial immunity”. Science 337 (6096): 816–821. (2012-08-17). doi:10.1126/science.1225829. ISSN 1095-9203. PMC 6286148. PMID 22745249. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22745249/. 
  10. ^ 今年のノーベル賞【後編】化学賞の欧米女性2氏 プエルトリコで運命的な出会い、共同研究へ”. Science Portal. 2020年12月11日閲覧。
  11. ^ 日本国際賞に海外3氏 ゲノム編集や暗号研究”. 日本経済新聞 (2017年2月2日). 2018年1月8日閲覧。

関連項目[編集]

出典[編集]