マーティン・チャルフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:緑色蛍光タンパク質の発見と開発

マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie, 1947年2月1日 - )は、アメリカ合衆国化学者2008年下村脩ロジャー・Y・チエンとともにノーベル化学賞を受賞した[1]。受賞理由は「緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見と開発」である。

1947年イリノイ州シカゴで生まれる。1977年ハーバード大学で神経生物学の博士号を取得した。1982年よりコロンビア大学生物学科教授を務める。夫人も同大学の教職に就いている。1992年に異種細胞へのGFPの導入と発現に成功し、GFPをレポーター遺伝子として普及させるのに貢献した。

2004年に National Academy of Sciences 会員に就任。2005年ローゼンスティール賞を受賞した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]