リチャード・ヘック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・フレッド・ヘック
Richard Fred Heck
Richard Fred Heck cropped.jpg
生誕 1931年8月15日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州スプリングフィールド
死没 2015年10月10日(満84歳没)
フィリピンの旗 フィリピンマニラ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 デラウェア大学 (en
出身校 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
主な業績 ヘック反応
主な受賞歴 ノーベル化学賞(2010年)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング

リチャード・フレッド・ヘック: Richard Fred Heck1931年8月5日2015年10月10日)は、アメリカ合衆国化学者デラウェア大学名誉教授ヘック反応を開発した。2010年ノーベル化学賞受賞。

略歴[編集]

マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれ。1952年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒。1954年、同校博士課程修了(S・ウィンスタイン教授)、スイスチューリッヒ工科大学(ETH Zurich)博士研究員(V・プレログ教授)。1956年ハーキュリーズ・パウダー社研究員。1971年デラウェア大学教授。1989年に退職。その後はフィリピンケソン市で妻と共に隠居生活を送っていた。

2013年肺炎に倒れて以来体力を損ない、2015年10月10日、マニラの病院で死去[1][2]。死亡する一週間ほど前から、激しい嘔吐に見舞われていた。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Francisco, Rosemarie (2015年10月10日). “Nobel laureate chemist Richard Heck, 84, dies in Manila”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/2015/10/10/uk-nobel-prize-heck-philippines-idUKKCN0S40DD20151010 2015年10月13日閲覧。 
  2. ^ 【訃報】リチャード・ヘック氏=米化学者読売新聞2015年10月13日、同日閲覧

外部リンク[編集]