イヴ・ショーヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イヴ・ショーヴァン
Yves Chauvin
生誕 (1930-10-10) 1930年10月10日
ベルギーの旗 ベルギー ウェスト=フランデレン州
死没 2015年1月27日(2015-01-27)(84歳)
フランスの旗 フランス トゥール
国籍 フランスの旗 フランス
主な業績 オレフィンメタセシスの反応機構
主な受賞歴 ノーベル化学賞 (2005)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2005年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:有機合成におけるメタセシス法の開発

イヴ・ショーヴァン(Yves Chauvin、1930年10月10日 - 2015年1月28日[1])はフランス化学者。フランス石油研究所の名誉研究部長を務め、フランス科学アカデミーの会員であった。ベルギーウェスト=フランデレン州メーネン出身[2]

1970年代初頭にオレフィンメタセシスの反応機構を提案した。この業績により2005年にロバート・グラブスリチャード・シュロックとともにノーベル化学賞を受賞した。

2015年、トゥールで死去。84歳没。

脚注[編集]

  1. ^ イブ・ショーバン氏が死去 フランスのノーベル化学賞受賞者 日本経済新聞 2015年1月29日
  2. ^ Nobelprize.org