ベルナルト・L・フェリンハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベルナルト・L・フェリンハ
FeringaWiki.jpg
Ben Feringa in 2015
生誕 Bernard Lucas Feringa
(1951-05-18) 1951年5月18日(67歳)
オランダの旗 オランダ, ドレンテ州バルゲル・コンパスクウム
居住 オランダの旗 オランダ, フローニンゲン
国籍 オランダの旗 オランダ
研究分野 有機化学
物質科学
ナノテクノロジー
光化学
研究機関 フローニンゲン大学, 1984-
ロイヤル・ダッチ・シェル, 1979-1984
出身校 フローニンゲン大学, PhD
フローニンゲン大学, BS
論文 Asymmetric oxidation of phenols. Atropisomerism and optical activity (1978)
博士課程
指導教員
Prof Hans Wijnberg
主な業績 分子モーター, 分子スイッチ, 均一系触媒, 立体化学, 光科学
主な受賞歴 ノーベル化学賞 (2016)[1]
配偶者 Betty Feringa
公式サイト
benferinga.com
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2016年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:分子マシンの設計と合成

ベルナルト・L・フェリンハ(Bernard Lucas "Ben" Feringa, オランダ語発音: [ˈbɛrnɑrt ˈlykɑs ˈbɛn ˈfeːrɪŋɣaː], 1951年5月18日 - )は、オランダの化学者である。有機合成化学、特に分子ナノテクノロジー均一系触媒を専門としている。

フローニンゲン大学 Stratingh化学研究所で分子科学ヤコブス・ファント・ホッフ特別教授であり[2]、大学の教授であり、オランダ王立芸術科学アカデミー科学部門長も務める[3]

分子マシンの設計と合成」が評価され、ジャン=ピエール・ソヴァージュフレイザー・ストッダートと共に、2016年ノーベル化学賞を受賞した[1][4][5]

キャリア[編集]

研究

1990年代、世界で最初の一方向に回る光駆動分子モータや[6]、後に電気的インパルスによって駆動する分子自動車(いわゆるナノカー)の功績を遺した[7]。 初期に光学特性分子スイッチを提出し[8]、その後も彼の研究グループは各種分子スイッチの開発を行った。

指導生徒

これまで100人以上のPhD生徒を指導している[9]

評価[編集]

2016年現在、30以上の特許を保有し、650回以上の査読論文を発表しており、3万回以上引用されh指数は90以上である[10]

会員[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Staff (2016年10月5日). “The Nobel Prize in Chemistry 2016”. Nobel Foundation. http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/2016/press.html 2016年10月5日閲覧。 
  2. ^ University of Groningen”. 2016年10月7日閲覧。
  3. ^ Ben Feringa”. 2015年1月5日閲覧。
  4. ^ ノーベル化学賞に欧米3氏分子機械の開発 日本経済新聞
  5. ^ Chang, Kenneth; Chan, Sewell (2016年10月5日). “3 Makers of ‘World’s Smallest Machines’ Awarded Nobel Prize in Chemistry”. New York Times. http://www.nytimes.com/2016/10/06/science/nobel-prize-chemistry.html 2016年10月5日閲覧。 
  6. ^ Feringa, Ben L.; Koumura, Nagatoshi; Zijlstra, Robert W. J.; van Delden, Richard A.; Harada, Nobuyuki (1999). “Light-driven monodirectional molecular rotor”. Nature 401 (6749): 152–155. doi:10.1038/43646. PMID 10490022. 
  7. ^ Kudernac, Tibor; Ruangsupapichat, Nopporn; Parschau, Manfred; Maciá, Beatriz; Katsonis, Nathalie; Harutyunyan, Syuzanna R.; Ernst, Karl-Heinz; Feringa, Ben L. (2011). “Electrically driven directional motion of a four-wheeled molecule on a metal surface”. Nature 479 (7372): 208–211. doi:10.1038/nature10587. PMID 22071765. 
  8. ^ B.L.Feringa, W.F. Jager, B.de Lange, E.W. Meijer, Chiroptical Molecular Switch, J. Am. Chem. Soc. 1991, 113, 5468-5470
  9. ^ Professor of Chemistry Ben Feringa supervises his 100 th PhD student”. University of Groningen. 2015年1月15日閲覧。
  10. ^ webofknowledge.com”. Webofscience(TM). Thomson Rueters. 2015年1月24日閲覧。
  11. ^ Jury rapport Körber European Science Award over het onderzoek van Feringa[リンク切れ]
  12. ^ Ben Feringa geeft Guthikonda Lecture
  13. ^ Ben Feringa ontvangt Spinozapremie
  14. ^ Ben Feringa ontvangt de Prolog Gouden Medaille
  15. ^ Ben Feringa ontvangt de James Flack Norris Prijs
  16. ^ Ben Feringa ontvangt de Paracelsusprijs
  17. ^ Ben Feringa ontvangt de ERC grant (Persbericht Rijksuniversiteit Groningen)
  18. ^ Ben Feringa ontvangt de Chirality medaille
  19. ^ Ben Feringa ontvangt Organische Stereochemie Prijs
  20. ^ Ben Feringa ontvangt de Alexander von Humboldt prijs Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.
  21. ^ Ben Feringa ontvangt Grand Prix Scientifique Cino del Duca
  22. ^ Ben Feringa ontvangt Maria Sklodowska-Curie Medaille
  23. ^ Ben Feringa ontvangt de Nagoya Gold Medal (bericht Nagoya Universiteit)
  24. ^ Ben Feringa ontvangt de Nagoya gouden medaille
  25. ^ Yamada-Koga prize受賞者一覧(光学活性化合物シンポジウム)
  26. ^ Ben Feringa ontvangt Yamada-Koga Award
  27. ^ Ben Feringa ontvangt Arthur C. Cole Scholar Prijs
  28. ^ Prof. dr. Ben Feringa ontvangt Cope Scholar Award (Persbericht Rijksuniversiteit Groningen)
  29. ^ Ben Feringa ontvangt de NCCA 2015
  30. ^ Ben Feringa ontvangt "Chemistry for the Future Solvay Prize"
  31. ^ Professor Ben Feringa, Laureate 2015 “Chemistry for the Future Solvay Prize”
  32. ^ Ben Feringa - ERC Advanced Grant 2016
  33. ^ Tetrahedron prize 2016 for creativity organic chemistry awarded to Prof. dr. Ben L. Feringa
  34. ^ Huldiging Nobelprijswinnar Ben Feringa