フレイザー・ストッダート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sir Fraser Stoddart
Nobel Laureates 0953 (31117136180).jpg
Fraser Stoddart
生誕 James Fraser Stoddart
(1942-05-24) 1942年5月24日(75歳)
イギリススコットランドエディンバラ
居住 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 超分子化学
研究機関 クイーンズ大学 (1967–70)
シェフィールド大学 (1970–1990)
バーミンガム大学 (1990–1997)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (1997–2008)
ノースウェスタン大学 (2008– )
出身校 エディンバラ大学 (BSc, 1964; PhD, 1966)
論文
博士課程
指導教員
博士課程
指導学生
David Leigh[要出典]
主な業績 機械的連動分子構造
主な受賞歴
配偶者 Norma Agnes Scholan (m. 1968; her death 2004)[1][2]
子供 2[1]
公式サイト
stoddart.northwestern.edu
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2016年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:分子マシンの設計と合成

フレイザー・ストッダート(Sir James Fraser Stoddart, 1942年5月24日- )は、スコットランド人化学者である。超分子化学ナノテクノロジーを専門分野としている。

分子認識自己組織化分子を利用したen:Molecular Borromean ringsカテナンロタキサンのような機械的連動分子構造の高効率合成を開発した。そして、これらのトポロジーらが分子スイッチや分子モータとして機能することを実証した[3]

分子マシンの設計と合成」が評価され、ジャン=ピエール・ソヴァージュベルナルト・L・フェリンハと共に、2016年ノーベル化学賞を受賞した[4]

キャリア[編集]

評価[編集]

2016年時点のh指数は130[5]。少なくとも10件の特許を取得し、1000回以上の発表をしている[6]。1997年1月から2007年8月31日までの間に、304文書から合計14,038件引用されている。これはトムソン・ロイター科学情報研究所 (ISI) での化学者ランキングで3位と評価されている。

栄誉と受賞歴[編集]

2006年12月新年の叙勲式でイギリス女王エリザベス2世からナイト・バチェラー(下級勲爵士)を授与された[7][8]

会員の地位[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b STODDART, Sir (James) Fraser. Who's Who. 1997 (online Oxford University Press ed.). A & C Black, an imprint of Bloomsbury Publishing plc. http://www.ukwhoswho.com/view/article/oupww/whoswho/U36360.  (要購読契約)
  2. ^ “Norma Stoddart (Obituary)”. The Scotsman. (2004年2月16日). http://www.scotsman.com/news/obituaries/norma-stoddart-1-513988 2016年5月27日閲覧。 
  3. ^ A. Coskun, M. Banaszak, R. D. Astumian, J. F. Stoddart, B. A. Grzybowski, Chem. Soc. Rev., 2012, 41, 19–30
  4. ^ ノーベル化学賞に欧米3氏分子機械の開発日本経済新聞
  5. ^ 1040 Highly Cited Researchers (h>100) according to their Google Scholar Citations public profiles”. 2016年5月27日閲覧。
  6. ^ List of Publications”. 2016年5月27日閲覧。
  7. ^ UCLA’s J. Fraser Stoddart Adds Knight Bachelor to His List of Honors” (2007年1月4日). 2016年10月6日閲覧。
  8. ^ a b Ma'am to the Rescue”. Stoddart Mechanostereochemistry Group (2007年6月13日). 2009年1月19日閲覧。
  9. ^ Sir J. Fraser Stoddart, Professor Emeritus of Chemistry and Biochemistry at UCLA, has been elected to the National Academy of Sciences (NAS)” (2014年5月1日). 2016年10月6日閲覧。
  10. ^ Faculty Members Named AAAS Fellows” (2012年4月18日). 2016年10月6日閲覧。
  11. ^ Who our members are”. 2016年5月27日閲覧。
  12. ^ Directory 2016/2017”. 2016年5月27日閲覧。
  13. ^ J.F. Stoddart”. Royal Netherlands Academy of Arts and Sciences. 2016年2月14日閲覧。
  14. ^ UCLA Members of the American Association for the Advancement of Science”. 2016年5月26日閲覧。
  15. ^ List of Members: Sir J. Fraser Stoddart”. 2016年5月26日閲覧。
  16. ^ James Stoddart Biography”. 2016年5月26日閲覧。
  17. ^ Staff (2016年10月5日). “The Nobel Prize in Chemistry 2016”. Nobel Foundation. http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/2016/press.html 2016年10月5日閲覧。 
  18. ^ Centenary Prize 2014 Winner Professor Sir Fraser Stoddart Professor Sir Fraser Stoddart”. 2016年5月26日閲覧。
  19. ^ Royal Medallists”. 2016年5月26日閲覧。
  20. ^ Sir Fraser Stoddart Honored With Royal Medal” (2010年8月3日). 2016年10月6日閲覧。
  21. ^ Award Winners Davy Medal”. 2016年5月26日閲覧。
  22. ^ Arthur C. Cope Award”. 2016年5月26日閲覧。
  23. ^ 2007 Foresight Institute Feynman Prize”. 2016年5月26日閲覧。
  24. ^ Prof. Sir Fraser Stoddart”. 2016年5月26日閲覧。
  25. ^ Tetrahedron Prize for Creativity”. 2016年5月26日閲覧。
  26. ^ “Stoddart Wins King Faisal International Prize”. Chemical & Engineering News 85 (12): 71. (March 19, 2007). http://cen.acs.org/articles/85/i12/Stoddart-Wins-King-Faisal-International.html?type=paidArticleContent 2016年5月26日閲覧。. 
  27. ^ Fraser Stoddart is awarded the 2007 King Faisal International Prize for Science” (2007年1月17日). 2016年10月6日閲覧。
  28. ^ 2005 – Professor J Fraser Stoddart”. 2016年5月26日閲覧。
  29. ^ The Nagoya Medal of Organic Chemistry”. 2016年5月26日閲覧。
  30. ^ Arthur C. Cope Scholar Awards”. 2016年5月26日閲覧。
  31. ^ Izatt-Christensen Awards”. 2016年5月26日閲覧。