シェフィールド大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯55度56分50.6秒 西経3度11分13.9秒 / 北緯55.947389度 西経3.187194度 / 55.947389; -3.187194

シェフィールド大学
The University of Sheffield
ShefuniCourtofarms2012.JPG
校訓 ラテン語: Rerum cognoscere causas
To discover the causes of things
創立 1905年 - University of Sheffield
1897年 - University college of Sheffield
1828年 - Sheffield School of Medicine
学校種別 国立
運営資金 £36 million[1]
総長 Sir Peter Middleton
副総長 Prof. Keith Burnett
教職員 5,306人
学生 28,974人 (2011-2012)[2]
学部生 18,005人[2]
大学院生 8,950人[2]
所在地
キャンパス 都市型
スクールカラー 黒 金        
所属提携 ラッセル・グループ, WUN, LERU, ACU, EUA, N8 Group, White Rose, Yorkshire Universities, EQUIS, AMBA
ウェブサイト http://www.shef.ac.uk/
テンプレートを表示

シェフィールド大学The University of Sheffield)はイギリスイングランドの中部地方に位置するサウス・ヨークシャーシェフィールド市を拠点とする国立大学である。イギリスの大規模研究型大学24校で構成されるラッセル・グループRussell Group)の一員であり、赤レンガ大学群(Red brick universities)と呼ばれる事がある。2012年にQS社(Quacquarelli Symonds)が発行したQS・ワールド・ユニバーシティ・ランキング(QS World University Rankings)によるとイギリス11位、欧州20位、世界66位と評価されている[3]。これまでにペニシリンの抽出でノーベル生理学・医学賞を受賞したハワード・フローリーフラーレンの発見でノーベル化学賞を受賞したハロルド・クロトーなど大学関係者から5人のノーベル賞受賞者を輩出している。

沿革[編集]

1904/1905年に使用された募金依頼ポスター。炭坑夫、工場夫等から約£50,000(現在の価値で£15,000,000)が募金された。
1828年に設置されたシェフィールド医学校
ファース・カレッジの設立者マーク・ファース
マッピン・ビルディングの設立者サー・フレデリック・マッピン

シェフィールド大学は元々3つのカレッジの合併によって建てられた。シェフィールド医学校は1828年に設立され、続いてファース・カレッジが鉄鋼業者のマーク・ファース(Mark Firth)によって1879年に芸術科学の分野を教えるために設立された。その後マーク・ファース(Mark Firth)は他のどのカレッジも教えていなかった応用科学を教えるためのシェフィールド・テクニカル・スクールを1884年に設立するため援助をした。この3つの教育機関は1897年に統合され、ユニバーシティ・カレッジ・オブ・シェフィールドとなった[4]。 元々、ユニバーシティ・カレッジ・オブ・シェフィールドはビクトリア大学(連邦大学)の4番目のメンバーとして、マンチェスター、リバプール、リーズに続いて加わると想定されていた。しかしながら、ビクトリア大学はこの構想が実現する前に分裂し始め、ユニバーシティ・カレッジ・オブ・シェフィールドは自ら勅許を1905年に受け、シェフィールド大学に変わっていった。出身や宗教にとらわれず実用的な分野の教育・研究を重視しようとした創立背景は、同時期にイングランドの主要工業都市において創立された5大学(マンチェスター大学リバプール大学ブリストル大学リーズ大学バーミンガム大学)や、1810年にプロイセン王国において創立されたフンボルト大学ベルリンに近いとされる[5][6]。1905年にはフルタイムの生徒が200名だったが、大学は1950年代までゆっくりと成長を遂げ、そして1960年代には急激な大学の規模拡大が始まった。多くの新しい建物(有名なアーツ・タワーを含め)が建てられ、学生の数は現在の学生数の24000名弱ほどまで増えた。1987年に、大学はビクトリア連邦大学のメンバーになる予定であった他大学と協力し合い、海外留学生の教育・雇用のための連携をとるNorthern Consortiumを始めた。 1995年、大学は医学部を拡大し、Sheffield and North Trent College of Nursing and Midwiferyを引継いだ。2005年South Yorkshire Strategic Health Authorityはシェフィールドとシェフィールド・ハラム大学間のトレーニングを分けると発表した。しかしながら大学はNursingとMidwifery Trainingの登録を、費用と運営上の問題から撤退することを決定した。

評価[編集]

ファース・コート(Firth Court)
サー・フレデリック・マッピン・ビルディング 夏季(Sir Frederick Mappin Building).
サー・フレデリック・マッピン・ビルディング 冬季(Sir Frederick Mappin Building).
アルフレッド・デニー・ビルディング(Alfred Denny Building)
ジェソップ・ビルディング(Jessop Building)
エイミー・ジョンソン・ビルディング(Amy Johnson Building)
バルトロメ・ハウス(Bartolome House)School of Law
リチャード・ロバーツ・ビルディング(Richard Roberts Building)
アーツ・タワー(Arts Tower)
サー・ロバート・ハドフィールド・ビルディング(Sir Robert Hadfield Building)

研究水準[編集]

2008年に発表された研究評価事業 (Research Assessment Exercise (RAE)) によると、評価された49の研究分野中41分野において構成する項目の50%以上が最高位の「4* 世界を先導する研究(World-leading)」又は「3* 国際的に優れている研究(Internationally excellent)」とされ[7][8]、これはラッセルグループ内において上位10校に位置する研究力と評価された[9]

入学水準[編集]

ハイアー・エデュケーション・ファンディング・カウンシル(Higher Education Funding Council (HEFCE) )が発表した2009/10年のデータによると、GCE A-レベル(GCE Advanced Level)の成績において、AAB以上を取得した生徒が進学した率の最も高い上位12校のうちの1校であった[10]。この結果に基付いて英紙テレグラフ(The telegraph)は当12校をイングリッシュアイビーリーグ(English Ivy league)と呼んでいる[11]

教育水準[編集]

1993年から2001年にかけて実施された教育水準評価(Teaching Quality Assessments)によると提出された分野の約75%が最高評価の"excellent"(24点中22点以上が最高評価の"excellent")と評価された。これは全英で第3位の結果であった[12]

ユニバーシティ・オブ・ザ・イヤー[編集]

2001年にサンデータイムズ・ユニバーシティ・オブ・ザ・イヤー(Sunday Times University of the Year)に選出され、また2011年タイムズ・ハイアー・エデュケーションTimes Higher Education)によってユニバーシティ・オブ・ザ・イヤー2011(University of the Year 2011)に選出されている。

総合ランキング[編集]

世界順位/英国内順位
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
QS 66位/11位[13] 72位/14位[14] 69位/10位[15] 82位/14位[16] 76位/13位[17] 68位/12位[18] 102位/14位[19] 102位/13位[20]
THE 110位/13位[21] 101位/13位[22] 137位/19位[23]
ARWU 101-150位/10-14位[24] 97位/10位[25] 88位/10位[26] 81位/9位[27] 77位/8位[28] 72位/8位[29] 69位/8位[30] 65位/8位[31]

分野別ランキング[編集]

2013年にザ・タイムズ(The Times)が実施した分野別調査によると、航空工学機械工学政治学都市計画造園学図書館情報学の5分野において全英上位3位内であると評価された[32]

英国内順位/評価された英国大学数 ザ・タイムズ(The Times[33]
2013年 2012年 2011年 2010年
<人文科学系>
考古学 18位/51 18位/50 6位/47 7位/44
神学・宗教学 9位/38 10位/37 9位/37 9位/37
英語学 25位/103 21位/101 12位/99 23位/98
フランス語学 11位/49 5位/49 4位/51 9位/48
ドイツ語学 18位/36 20位/37 23位/36 23位/36
イベリア語学 19位/45 15位/45 6位/45 8位/43
歴史学 9位/91 12位/90 11位/88
言語学 8位/26 10位/25 7位/26
音楽学 12位/73 5位/72 8位/66 11位/63
哲学 8位/46 7位/47 9位/47 6位/50
ロシア語・東ヨーロッパ言語学 8位/14 11位/16 8位/14 6位/13
<工学系>
航空工学 3位/42 2位/37 4位/37 4位/39
生物工学 4位/90 3位/87 3位/86 5位/88
化学工学 12位/20 11位/20 4位/20 8位/20
土木工学 4位/52 5位/49 4位/45 3位/43
電気電子工学 5位/62 4位/65 5位/64 7位/63
コンピュータ科学 20位/106 23位/105 11位/102 21位/103
材料工学 4位/18 4位/17 5位/18 7位/16
機械工学 3位/60 3位/62 2位/63 8位/57
<医歯看学系>
歯学 9位/13 5位/13 2位/13 4位/13
医学 12位/31 17位/30 24位/30 24位/30
医学関連 11位/78 7位/82 7位/79 16位/79
<自然科学系>
数学 30位/69 26位/67 19位/68 16位/67
化学 7位/50 9位/49 9位/50 6位/46
物理・天文学 13位/44 11位/43 7位/41 6位/42
心理学 11位/105 5位/104 6位/102 11位/102
<社会科学系>
建築学 4位/47 3位/45 3位/43 3位/43
東及び南アジア研究学 7位/11 5位/12 6位/10 6位/9
経済学 22位/68 24位/68 19位/66 26位/67
地理学・環境学 6位/72 14位/75 23位/76 10位/78
図書館情報学 2位/9 2位/9 2位/9 2位/10
コミュニケーション・メディア学 5位/91 3位/91 3位/89 2位/87
都市計画造園学 2位/30 3位/27 2位/25 4位/26
法律学 30位/95 30位/95 32位/91 29位/89
ビジネス学 22位/117 23位/117 22位/112 25位/105
政治学 3位/71 2位/71 2位/70 3位/69
社会学 15位/86 17位/87 21位/87 16位/86
会計学 26位/85 26位/77 28位/76 27位/76
社会政策学 16位/39 17位/36 10位/36 6位/38
社会労働学 6位/76 6位/76 5位/74 1位/72

キャンパス[編集]

メインキャンパス[編集]

シェフィールド大学はいわゆるキャンパス・ユニバーシティではなく、建物がひとつの場所に集中していない。しかし殆どの建物はそれぞれ近くに立地している。大学の中心は、シェフィールド市街中心地から西に1.6キロのところにあり、そこには大学関係の建物が1.6キロに渡り連なっている。この近辺はシェフィールド・ステューデント・ユニオン(University of Sheffield Students' Union)(ユニバーシティハウスの隣)やオクタゴンセンター(Octagon Centre)、ファース・コート(Firth Court)、ジオグラフィー&プランニング・ビルディング、アルフレッド・デニー・ビルディング(ナチュラルサイエンスと小規模なミュージアムがある)、デイントン&リチャードロバーツ・ビルディング(化学)、ヒックス・ビルディング(数学・物理)がある。図書館とアーツ・タワーもこのメインキャンパスに位置する。アーツ・タワーには数少ないヨーロッパのパターノスターエレベーターの一つがある。メインロード下のコンコースは生徒達が建物を行き来しやすいように出来ている。2007年にはインフォメーション・コモンズが新しい建物の間に開かれた。インフォメーション・コモンズは新しくできた図書館・コーヒーショップ・カフェであり、コンピューター設備やラウンジ、多目的スペースも整っている。


セント・ジョージ St George's[編集]

東には、セント・ジョージキャンパスがあり、セント・ジョージ教会から名づけられた。(現在はレクチャーシアターや大学院生のための寮などがある)キャンパスはマッピンストリートの中ほどにあり、エンジニアリングやマネイジメント、コンピュータサイエンスのメインキャンパスとして利用されている。また、大学はターナーガラス美術館もこのキャンパスで管理している。大学は近年、ビクトリアン様式としても知られるJessop Hospital for Womenの建物とHSE の建物を吸収した。双方の建物は現在、現代語、歴史、英文学科用に改築中である。ロースクールはクルックスムーア・ビルディングからバルトロメハウスに2008年はじめに移転している。

ウェスト・オブ・メインキャンパス West of the main campus[編集]

さらに西に行くとCrookesmoorにウェストンパーク、ウェストンパーク美術館、ハロルドCantorギャラリー、スポーツ施設があり、ロイヤルハラムシャー病院には医学部がある。

学生寮 Student accommodation[編集]

さらに西の方には大学の学生寮がある。タプトンホールやエンドクリフ・スチューデント・ビレッジ(いくつかのアパートメントブロックにわけられ、ハリファックス、スティーブンソンホール、新しく作られたバーゲージ、ステイナージ、ハウデン、フロガット、ヤーンクリフ、ダーウェント、そして大学が所有するプライベートハウスを含む)がある。ブルームヒルにある音楽学部もこのエリアをベースにしている。1200のベッドを所有する新しい学生寮がランムーア・ステューデント・ビレッジに建てられた。ランムーア近くには家族向けのフラット(ショア・コート)もある。

Manversキャンパス Manvers campus[編集]

en:Manversキャンパスはロザラムとバーンズリーの間のWath-on-Dearneに位置していて看護関係の授業の多くがここで開講されている。

組織[編集]

大学は5つの学部[34] 及び国際学部をギリシア(Greece)のテッサロニキ(Thessaloniki)に設置している[34]

  • 人文科学部 Faculty of Arts and Humanities
    • 考古学科 Archaeology
    • 聖書学科 Biblical Studies
    • 英語学科 School of English
    • フランス語学科 French
    • ドイツ語学科 Germanic Studies
    • ヒスパニック語学科 Hispanic Studies
    • 歴史学科 History
    • 現代語学センター Modern Languages Teaching Centre
    • 音楽学科 Music
    • 哲学科 Philosophy
    • ロシア語及びスロバキア語学科 Russian & Slavonic Studies
  • 工学部 Faculty of Engineering
    • 航空工学科 Aerospace Engineering
    • 制御システム工学科 Automatic Control and Systems Engineering
    • 生物工学科 Bioengineering
    • 化学生物工学科 Chemical and Biological Engineering
    • 土木構造工学科 Civil and Structural Engineering
    • コンピューター科学科 Computer Science
    • 電子電気工学科 Electronic and Electrical Engineering
    • 材料工学科 Materials Science and Engineering
    • 機械工学科 Mechanical Engineering
  • 医歯看学部 Faculty of Medicine, Dentistry and Health
    • 循環器学科 Cardiovascular Science
    • 歯学科 School of Dentistry
    • 人間コミュニケーション科学科 Human Communication Sciences
    • 人体物質代謝学 Human Metabolism
    • 感染症・免疫学科 Infection and Immunity
    • 医学科 Medical School
    • 神経学科 Neuroscience
    • 看護助産学科 School of Nursing and Midwifery
    • 腫瘍学 Oncology
    • 健康学科 School of Health and Related Research (ScHARR)
  • 自然科学部 Faculty of Pure Science
    • 動植物学科 Animal and Plant Sciences
    • 数学統計学科 School of Mathematics and Statistics
    • 生体医学科 Biomedical Science
    • 化学科 Chemistry
    • 分子生理・バイオテクノロジー学科 Molecular Biology and Biotechnology
    • 物理・天文学 Physics and Astronomy
    • 心理学 Psychology
  • 国際学部 International Faculty - City College, Thessaloniki
    • 経営経済学科 Business Administration & Economics
    • コンピューター学科 Computer Science
    • 心理学科 Psychology
    • 人文科学科 Humanities and Social Sciences
    • 幹部教育センター Executive Education Centre

学生[編集]

教員[編集]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

シェフィールド市を拠点とする2大学、シェフィールド大学シェフィールド・ハラム大学は毎年バーシティと呼ばれるスポーツ競技会(26競技)を共催している。


主な出身者[編集]

  • Howard Florey/ハワード・フローリー(ノーベル生理学・医学賞 1945年)
  • Hans Adolf Krebs/ハンス・クレブス(ノーベル生理学・医学賞 1953年)
  • George Porter/ジョージ・ポーター(ノーベル化学賞 1967年)
  • Richard J. Roberts/リチャード・ロバーツ(ノーベル生理学・医学賞 1993年)
  • Sir Harry Kroto/ハロルド・クロトー(ノーベル化学賞 1996年)


Academia[編集]

Business[編集]

Law[編集]

Literature[編集]

Media[編集]

Pioneers[編集]

Politics[編集]

Public service[編集]

Religion[編集]

Science[編集]

Sport[編集]

Notable academics[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.shef.ac.uk/content/1/c6/01/76/65/annualreport2008-09b.pdf
  2. ^ a b c All students by HE institution, level of study, mode of study and domicile 2010/11 (Microsoft Excel spreadsheet)”. Higher Education Statistics Agency. 2012年5月24日閲覧。
  3. ^ http://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2012 |accessdate=11 September 2012
  4. ^ Historical note”. Sheffield, United Kingdom: Universiry of Sheffield. 2012年8月20日閲覧。
  5. ^ http://www.sheffield.ac.uk/about
  6. ^ Humboldt University Structural Model and History”. 2012年8月20日閲覧。
  7. ^ “RAE (Education),Research (Higher education),Education,Higher education (Universities etc.)”. The Guardian (London). (2008年12月18日). http://www.guardian.co.uk/education/table/2008/dec/18/rae-2008-results-uk-universities 
  8. ^ “RAE (Education),Research (Higher education),Education,Higher education (Universities etc.)”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/education/table/2008/dec/18/rae-2008-results-uk-universities 2008年12月18日閲覧。 
  9. ^ Sheffield among Top 10 for research power”. Sheffield, United Kingdom: Universiry of Sheffield. 2012年8月20日閲覧。
  10. ^ http://www.hefce.ac.uk/pubs/year/2011/201120/#dl%7Caccessdate= 2012-08-20
  11. ^ Paton, Graeme (2011年7月13日). “Top students concentrated in just 12 elite universities”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/education/educationnews/8635891/Top-students-concentrated-in-just-12-elite-universities.html 2011年8月12日閲覧。 
  12. ^ . http://www.sheffield.ac.uk/lets/design/evaltq/table_of_sr_scores&#32;2012年9月6日閲覧。 
  13. ^ http://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2012 |accessdate=11 September 2012
  14. ^ QS Top Universities 2011”. 2011年9月14日閲覧。
  15. ^ QS Top Universities 2010”. 2010年9月14日閲覧。
  16. ^ Times Higher Education-QS World University Rankings 2009”. 2010年3月13日閲覧。
  17. ^ QS Top Universities 2008”. 2008年10月9日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ QS World University Rankings 2007”. Times Higher Education. 2010年9月14日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ QS World University Rankings 2006”. Times Higher Education. 2010年9月14日閲覧。
  20. ^ QS World University Rankings 2005”. Times Higher Education. 2010年9月14日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ Top 200 - The Times Higher University Rankings 2012-2013”. 2012年10月4日閲覧。
  22. ^ Top 400 - The Times Higher University Rankings 2011-2012”. 2011年10月5日閲覧。
  23. ^ Top 200 - The Times Higher University Rankings 2010-2011”. 2011年10月5日閲覧。
  24. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2012”. 2012年9月10日閲覧。
  25. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2011”. 2012年8月20日閲覧。
  26. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2010”. 2012年8月20日閲覧。
  27. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2009”. 2012年8月20日閲覧。
  28. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2008”. 2012年8月20日閲覧。
  29. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2007
  30. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2006
  31. ^ Academic Ranking of World Universities by Shanghai Jiao Tong University 2005
  32. ^ Rankings of UK Universities by Subject for 2013 --the Times(in English)”. 2013年4月13日閲覧。
  33. ^ Rankings of UK Universities by Subject for 2012 --the Times(in English)”. 2012年9月4日閲覧。
  34. ^ a b Faculties”. The University of Sheffield. 2010年6月16日閲覧。

関連項目[編集]

ラッセル・グループ

外部リンク[編集]

公式サイト[編集]

英語[編集]

日本語[編集]