ニコラス・リヴァプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラス・リヴァプール
Nicholas Liverpool
Nicholas Liverpool.jpg
ニコラス・リヴァプール(2009年9月)

任期 2003年10月2日2012年9月17日

出生 (1934-09-09) 1934年9月9日
Flag of Leeward Islands 1871-1956.gif イギリスリーワード諸島グランド・ベイ
死去 (2015-06-01) 2015年6月1日(80歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
出身校 ハル大学
配偶者 ヴァーナ・リヴァプール

ニコラス・ジョゼフ・オーヴィル・リヴァプール英語: Nicholas Joseph Orville Liverpool1934年9月9日 - 2015年6月1日)は、ドミニカ国の政治家、裁判官。2003年から2012年まで同国の第7代大統領を務めた。

生涯[編集]

1934年にイギリス領リーワード諸島英語版グランド・ベイ英語版に生まれ、1957年ハル大学に入学。在学中の1960年に法学の学士号を取得し、翌年にはインナー・テンプルの法廷に立った。また、1965年にはシェフィールド大学で博士号を取得した。

その後、1998年から2001年まで駐米大使を務めた[1]。2003年10月に大統領に就任。2008年7月、リヴァプールは大統領職の一期目が満了になったことを受けて大統領続投を表明し、ルーズベルト・スカーリット首相とアール・ウィリアムズ野党党首から指名を受けた[2]

2012年に病気療養を理由に大統領職を辞任した。後継にはドミニカ労働党エリュード・ウィリアムズ英語版が国会の指名を受けて就任した。

2015年6月1日、フロリダ州マイアミにて80歳で死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dominica”. 2010年3月25日閲覧。
  2. ^ Caribbean Net News: Dominica's president to serve second term”. 2010年3月25日閲覧。
公職
先代:
ヴァーノン・ショウ英語版
ドミニカ国の旗 ドミニカ国大統領
第7代:2003年 - 2012年
次代:
エリュード・ウィリアムズ英語版