ブリティッシュ・カウンシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
British Council
英国文化振興会
設立年 1934年(85年前) (1934
設立者 イギリス政府
種類 文化促進団体
本部 イギリス ロンドン
貢献地域 世界規模
製品 イギリス英語とイギリス文化英語版
重要人物 Christopher Rodrigues CBE (Chair)
Sir Ciarán Devane (Chief Executive)
収入
£973 million (2014/5)[1]
ウェブサイト www.britishcouncil.org

ブリティッシュ・カウンシル: British Council)あるいは日本語英国文化振興会(えいこくぶんかしんこうかい)は、1934年に設立されたイギリス非営利団体で、イギリス政府により設立された公的な国際文化交流機関であり、各国における英語の普及やイギリスと諸外国の間の教育・文化交流を目的としている。ロンドンに本部を有し、世界100カ国以上に事務所を置いて活動を行っている。当機関の代表者は、2007年4月より、マーティン・デヴィッドソン (Martin Davidson) が務めている。

創立者は、イギリスの外交官であったレジナルド・リーパー(Reginald Leeper)で、彼はイギリスの国益を追求するために、文化面での広報活動の重要性を認識していた。イギリス外務・英連邦省の所轄であり、同省から資金面での支援を受けているが、その運営は自律的に行われている。

日本では、東京都新宿区神楽坂に事務所があり、英語の講座や各種行事を開催している。

受賞歴[編集]

受賞対象:アリアンス・フランセーズ(フランス)、ダンテ・アリギエーリ協会(イタリア)、ブリティッシュ・カウンシル(イギリス)、ゲーテ・インスティトゥート(ドイツ)、 セルバンテス文化センター (スペイン)、カモンイス院 (ポルトガル)
受賞理由:「一部の組織は100年以上の歴史を持ち、各大陸の何百万人もの人々にそれぞれの各国の言語を教えるだけでなく、文学と芸術的伝統や西洋文明の基礎となる人間的価値観と倫理観を広く知らしめ、ヨーロッパの文化遺産の保護と育成に貢献している」[2]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]