ジェームズ・P・アリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェームズ・P・アリソン
James P. Allison
James P. Allison (2015).JPG
ジェームズ・P・アリソン(2015)
生誕 (1948-08-07) 1948年8月7日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州アリス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 免疫学
研究機関 テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター
出身校 テキサス大学オースティン校
主な業績 T細胞
主な受賞歴 ガードナー国際賞(2014)
ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞(2014)
ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞(2015)
ウルフ賞医学部門(2017)
ノーベル生理学・医学賞(2018)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2018年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用

ジェームズ・P・アリソン(James Patrick Allison, 1948年8月7日 - )はアメリカ合衆国免疫学者である。テキサス州出身。カリフォルニア大学バークレー校ハワード・ヒューズ医学研究所の研究者を経て、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター執行役員。

来歴[編集]

1969年テキサス大学オースティン校卒業後、1973年に同大学院で生命科学の博士号を取得した。ヒトの免疫機能をめぐってT細胞やがん細胞の研究に専念し、1995年、T細胞の活動を抑える抑制性受容体のCTLA-4を発見。自身の研究チームでCTLA-4の活性化を遮断する抗体の開発に取り組み、1996年にはマウスを使った動物実験でこの抗体が腫瘍の排除に役立つことが証明され、抗体製剤の開発に成功した。2018年、本庶佑とともにノーベル生理学・医学賞受賞。

受賞歴[編集]

出典[編集]