エドワード・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1995年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:初期胚発生の遺伝的制御に関する発見

エドワード・B・ルイスEdward B. Lewis1918年5月20日 - 2004年7月21日)はアメリカ合衆国遺伝学者1995年、初期発生の遺伝的制御に関する発見によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

彼はペンシルベニア州ウィルクスバレに生まれ、E.L.マイヤーズ高校を卒業、1938年にはミネソタ大学からB.A.を、1942年にはカリフォルニア工科大学からPh.D.を得た。第二次世界大戦中はアメリカ空軍にて気象学者を務め、1946年にカリフォルニア工科大学にて講師を務めた。1956年には生物学の教授に、1966年にはトーマス・ハント・モーガン生物学教授職に就任した。

現在世界中で用いられている生物進化の制御手法は、ノーベル賞を受賞する理由ともなった彼のキイロショウジョウバエ研究が下地となっており、この意味で彼は進化遺伝学の開拓者の一人であると言える。また、彼は相補性検定解析の発展にも少なからず寄与している。

彼の遺伝学発生生物学放射線及びに関する重要な書籍Genes, Development and Cancerが2004年に出版された。

[編集]

外部リンク[編集]