フィリッパ・マラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィリッパ・マラック (Philippa Marrack, 1945年6月28日 - )は、イギリスの女性生物学者T細胞受容体自己免疫疾患の研究で知られる。

イギリスサリー出身。ケンブリッジ大学で1967年に学士号を、1970年に博士号を取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校ポスドクとなった。1987年王立協会フェロー選出。

受賞歴[編集]

主要論文[編集]

  • J.W. Kappler, M. Roehm, P. Marrack, "T cell tolerance by clonal elimination in the thymus," Cell, v.49, n.2, pp. 273–80 (1987)
  • P. Marrack and J. Kappler, "The Staphylococcal Enterotoxins and Their Relatives," Science, v.248 (4956), pp. 705–11 (1990).
  • J.W. Kappler, U. Staerz, J. White, P.C. Marrack, "Self-Tolerance Eliminates T Cells Specific for MIS-Modified Products of the Major Histocompatibility Complex," Nature, 332 (6159): pp. 35–40 (1988).
  • J. White, et al. (P.C. Marrack), "The V(beta)-specific superantigen staphylococcal enterotoxin B: Stimulation of mature T cells and clonal deletions in neonatal mice," Cell, v.56, n.1, pp. 27–35 (1989).

外部リンク[編集]