ウラジーミル・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vladimir Arnold-1.jpg

ウラジーミル・イーゴレヴィチ・アーノルドヴラジーミル・イーゴレヴィチ・アルノーリトロシア語:Влади́мир И́горевич Арно́льдヴラシーミル・イーガリェヴィチュ・アルノーリトラテン文字転写の例:Vladimir Igorevich Arnol'd1937年6月12日 - 2010年6月3日)はウクライナ出身のロシア数学者

概要[編集]

ロシア数学の伝統を受継ぐ独創的な数学者で、非常に広範な分野において重要な貢献をした偉大な数学者。 数多くの著作と論文において多くの世代に影響を与えた。

ヒルベルト第13問題の解決、ハミルトン力学系における業績。特にKAM理論とアーノルド拡散の発見によって世界的に著名に成った。 また特異点理論に関する貢献によりトムカタストロフィー理論を一変させた。アーノルド予想はシンプレクティック幾何学の牽引役として大きな役割を果たした。奇妙な双対性によるミラー対称性への貢献。 微分方程式変分法古典力学流体力学電磁流体力学代数幾何学トポロジーと数多くの業績を挙げている。

略歴[編集]

邦訳著作[編集]

  • 『古典力学の数学的方法』安藤 韶一, 蟹江 幸博, 丹羽 敏雄(翻訳), 岩波書店 (1980), ISBN 978-4000053617
  • 『カタストロフ理論』蟹江 幸博(翻訳), 現代数学社 (1985), ISBN 978-4768700952
  • 『古典力学のエルゴード問題』吉田 耕作(翻訳), 吉岡書店(1976), ISBN 9784-842701615
  • 『常微分方程式』足立 正久(翻訳), 現代数学社 (1981), ISBN 978-4768701058
  • 『数理解析のパイオニアたち』蟹江 幸博(翻訳), シュプリンガー・フェアラーク東京 (1999), ISBN 978-4431708209

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Announcement of The Shaw Laureates 2008”. The Shaw Prize (2008年6月10日). 2009年11月1日閲覧。