兵士の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Amhrán na bhFiann
和訳例:兵士の歌

国歌の対象
アイルランドの旗 アイルランド

採用時期 1926年
試聴
テンプレートを表示

兵士の歌」(へいしのうた、Amhrán na bhFiann アウラーン・ナヴィーアン [ˈəuɾˠaːn̪ˠ n̪ˠə ˈvʲiːən̪ˠ]Soldier's Song)は、アイルランド国歌1926年に当時のコスグレイヴ政権により正式に採用された。それ以前は国歌としては非公式ながら「神よアイルランドを守り給えGod Save Ireland)」が歌われていた。歌詞はアイルランド共和主義者パダー・カーニー(英:Peadar Kearney 、愛:Peadar Ó Cearnaigh パダル・オーチャールニー)が1907年に書いた英詞をリーアム・オーリーン(愛:Liam Ó Rinn)が愛訳したものである。国歌としては、パダー・カーニーと作曲家パトリック(パディ)・ヒーニー(英:Patrick "Paddy" Heaney/Heeney)が作った曲にコーラス部分のみが付くのが正式な姿である。

歴史[編集]

起源[編集]

「兵士の歌」は1907年、Peadar Kearneyによって作詞され、カーニー とパトリック・ヘーニにより作曲された[1]。この歌のテキストが初めて発表されたのは1912年、ナショナリスト系の『アイルランドの自由』紙にブルーマ・ホプソンによって掲載された[1]ことによる。 同歌は行進曲として、アイルランド義勇軍と反英組織が1916年のイースター蜂起において占拠した中央郵便局 (GPO) にて歌われた[1]。このことにより、同歌はアイルランドの独立運動の歌として普及した[1][2]。1919年から1921年までのアイルランド独立戦争ではアイルランド共和国軍 (IRA) によって歌われた。1921年にアイルランド自由国が成立すると、新たな国軍によって、「陸軍の曲として有名なまま」、多くの軍事的式典で演奏された[1]

歌詞[編集]


アイルランド語版

1番
Seo dhibh a cháirde duan Óglaigh,
Cathréimeach briomhar ceolmhar,
Ár dtinte cnámh go buacach táid,
'S an spéir go min réaltogach
Is fonnmhar faobhrach sinn chun gleo
'S go tiúnmhar glé roimh thíocht do'n ló
Fé chiúnas chaomh na hoiche ar seol:
Seo libh canaídh Amhrán na bhFiann.
コーラス
Sinne Fianna Fáil a tá fé gheall ag Éirinn,
Buion dár slua thar toinn do ráinig chugainn,
Fé mhóid bheith saor. Sean tír ár sinsir feasta
Ní fhagfar fé'n tiorán ná fé'n tráil
Anocht a théam sa bhearna bhaoil,
Le gean ar Ghaeil chun báis nó saoil
Le guna screach fé lámhach na bpiléar
Seo libh canaídh Amhrán na bhFiann.
2番
Cois bánta réidhe, ar árdaibh sléibhe,
Ba bhuachach ár sinsir romhainn,
Ag lámhach go tréan fé'n sár-bhrat séin
Tá thuas sa ghaoith go seolta
Ba dhúchas riamh d'ár gcine cháidh
Gan iompáil siar ó imirt áir,
'S ag siúl mar iad i gcoinne námhad
Seo libh, canaídh Amhrán na bhFiann.
(コーラス)
3番
A bhuíon nách fann d'fhuil Ghaeil is Gall,
Sin breacadh lae na saoirse,
Ta scéimhle 's scanradh i gcroíthe namhad,
Roimh ranna laochra ár dtire.
Ár dtinte is tréith gan spréach anois,
Sin luisne ghlé san spéir anoir,
'S an bíobha i raon na bpiléar agaibh:
Seo libh, canaídh Amhrán na bhFiann.
(コーラス)

英語版

1番
We'll sing a song, a soldier's song,
With cheering rousing chorus,
As round our blazing fires we throng,
The starry heavens o'er us;
Impatient for the coming fight,
And as we wait the morning's light,
Here in the silence of the night,
We'll chant a soldier's song.
コーラス
Soldiers are we, whose lives are pledged to Ireland;
Some have come from a land beyond the wave.
Sworn to be free, no more our ancient sireland
Shall shelter the despot and the slave.
Tonight we man the gap of danger
In Erin's cause, come woe or weal
'Mid cannons' roar and rifles peal,
We'll chant a soldier's song.
2番
In valley green, on towering crag,
Our fathers fought before us,
And conquered 'neath the same old flag
That's proudly floating o'er us.
We're children of a fighting race,
That never yet has known disgrace,
And as we march, the foe to face,
We'll chant a soldier's song.
(コーラス)
3番
Sons of the Gael! Men of the Pale!
The long watched day is breaking;
The serried ranks of Inisfail
Shall set the Tyrant quaking.
Our camp fires now are burning low;
See in the east a silv'ry glow,
Out yonder waits the Saxon foe,
So chant a soldier's song.
(コーラス)


日本語訳[編集]

1番
我らは歌う兵士の歌を
奮起する歌声と共に
燃えたぎる火を囲みながら
頭上の満点の星
戦いを待ち望み
夜明けの光を待ちながら
静かな夜の中
我らは兵士の歌を歌う
コーラス
我らは兵士、この命をアイルランドに捧げん
荒波を越え
自由を誓う
祖先の地に暴君はいらぬ
今宵 我らは命を賭けて
悲しみも幸福もアイルランドのために
大砲が轟き、銃声が鳴り響く中
我らは歌う兵士の歌を
2番
偉大な絶壁の緑に囲まれ
我らの父祖は我らが決起する前より戦った
征服に抵抗する旗を持ち
それは我らに受け継がれる
我々は戦いに弱い人種だ
それは不名誉なことだ
我らは行進し、敵と対峙する,
我らは歌う兵士の歌を
(コーラス)
3番
ゲールの息子よ! ペールの群衆よ!
この長き日を
満員のイネセスファールを
タイランドの軍勢が整っていた
我らは低温で燃え続けてある
東へ向かえ
サクソンの軍勢を追い出せ
だから我らは歌う兵士の歌を
(コーラス)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Sherry, Ruth (Spring 1996). “The Story of the National Anthem”. History Ireland (Dublin) 4 (1): 39–43. http://www.historyireland.com/20th-century-contemporary-history/the-story-of-the-national-anthem/. 
  2. ^ O'Connor, Batt (1929). With Michael Collins in The Fight for Irish Independence. Milstreet: Aubane Historical Society. pp. 68–70. http://www.atholbooks.org.