ウクライナの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ще не вмерла Україна
和訳例:ウクライナは滅びず
楽譜
ウクライナ国歌の楽譜

国歌の対象
ウクライナの旗 ウクライナ

作詞 P.チュブィーンシクィイ1862年
作曲 M.ヴェルブシーツィクィイ1863年
採用時期 1992年1月15日 (音楽)
2003年3月6日(歌詞)
テンプレートを表示

ウクライナの国歌ウクライナ語Державний Гімн України)は、ウクライナの国家象徴の一つ。国歌の名は「ウクライナは滅びず」 (Ще не вмерла Україна)である。

概要[編集]

1862年にパウロー・チュブィーンシクィイ (Чубинський Павло Платонович) が作詞、1863年にムィハーイロ・ヴェルブシーツィクィイ (Михайло Вербицький) が作曲した。

ロシア革命が起こった1917年に独立を宣言したウクライナの民族主義者によって国歌に採用され、ソビエト連邦に併合されるまで使用された。ソ連から独立後、1992年に議会によりウクライナの国歌として復活した。2003年3月6日には最高議会でウクライナ国歌法案が成立。歌詞を一部修正の上、正式に国歌に採用された。

また、1938年にチェコスロバキアから独立した国家、カルパト・ウクライナでも国歌として採用された。

歌詞[編集]

2003年3月6日制定の現行の国歌歌詞(最後の2行は繰り返して歌う)

ウクライナ語 ラテン文字化 日本語訳

Ще не вмерла України і слава, і воля,
Ще нам, браття молодії, усміхнеться доля.
Згинуть наші воріженьки, як роса на сонці.
Запануєм і ми, браття, у своїй сторонці.

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

Sche ne vmerla Ukrainy i slava, i volia,
Sche nam, brattia molodii, usmikhnet'sia dolia.
Zghynut' nashi vorizhen'ky, yak rosa na sontsi.
Zapanuiem i mi, brattia, u svoiy storontsi.

Dushu i tilo my polozhym za nashu svobodu,
I pokazhem, scho my, brattia, kozats'koho rodu.

ウクライナの栄光も自由もいまだ滅びず、
若き兄弟たちよ、我らに運命はいまだ微笑むだろう。
我らが敵は日の前の露のごとく亡びるだろう。
兄弟たちよ、我らは我らの地を治めよう。

我らは自由のために魂と身体を捧げ、
兄弟たちよ、我らがコサックの氏族であることを示そう。

Станем, браття, в бій кривавий від Сяну до Дону,
В ріднім краю панувати не дамо нікому;
Чорне море ще всміхнеться, дід Дніпро зрадіє,
Ще у нашій Україні доленька наспіє.

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

Stanem brattia, v biy kryvavy, vid Sianu do Donu,
V ridnim kraiu panuvaty ne damo ni komu;
Chorne more shche vsmikhnetsia, did Dnipro zradiye,
Shche na nashiy Ukrayini dolen'ka naspiye.

Dushu i tilo my polozhym za nashu svobodu,
I pokazhem, scho my, brattia, kozats'koho rodu.

シャン川からドン川までの血の戦いに立とう、
我らの故郷で他者の支配を許さない。
黒海はまた微笑み、祖父たるドニプロ川も喜んでくれるだろう。
我らのウクライナに運はいまだ向いてくるだろう。

我らは自由のために魂と身体を捧げ、
兄弟たちよ、我らがコサックの氏族であることを示そう。

А завзяття, праця щира свого ще докаже,
Ще на нашій Україні піснь гучна розляже;
За Карпати відіб'ється, згомонить степами,
України слава стане поміж народами.

Душу й тіло ми положим за нашу свободу,
І покажем, що ми, браття, козацького роду.

A zavziatta pratsia shchyra svoho shche dokazhe,
Shche sia voli v Ukrayini pisn' huchna rozliazhe;
Za Karpaty vidibiet'tsia z-homonyt' stepamy,
Ukrayiny slava stane pomizh narodamy.

Dushu i tilo my polozhym za nashu svobodu,
I pokazhem, scho my, brattia, kozats'koho rodu.

努力と労働が成果を示し、
我らのウクライナで大歌はいまだ轟くだろう。
カルパティア山々に響いて草原へ鳴り渡り、
ウクライナの名声は諸国に伝わるだろう。

我らは自由のために魂と身体を捧げ、
兄弟たちよ、我らがコサックの氏族であることを示そう。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • (日本語) 『ポーランド・ウクライナ・バルト史 』/ 伊東孝之,井内敏夫,中井和夫. 山川出版社, 1998.12. (新版世界各国史 ; 20)

外部リンク[編集]