国民賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトアニア語: Tautiška giesmė
和訳例:国民賛歌

国歌の対象
 リトアニア

採用時期 1919年
1989年(復活)
採用終了 1950年
試聴
テンプレートを表示

国民賛歌(こくみんさんか)または民族の賛歌(みんぞくのさんか、リトアニア語: Tautiška giesmė)はリトアニア国歌1919年に国歌に採用され、ソビエト連邦から独立した1990年に再び採用された。

リトアニアがロシア帝国の一部であった1898年ヴィンツァス・クディルカによって作詞、作曲された。翌1899年サンクトペテルブルクで演奏され、1905年ヴィリニュスで演奏された。リトアニアが独立を宣言した翌年の1919年、リトアニアの国歌に採用された。リトアニアがソ連に編入されると公の場での演奏が禁止された。リトアニアが独立を回復すると、再び国歌に制定された。

冒頭の「リトアニア、我らが祖国よ」という歌詞は、アダム・ミツキェヴィチによる『パン・タデウシュ』の冒頭「リトアニア、我が祖国よ」が想起されると指摘される[1]

歌詞[編集]

リトアニア語

Lietuva, Tėvyne mūsų,

Tu didvyrių žeme,

Iš praeities Tavo sūnūs

Te stiprybę semia.

Tegul Tavo vaikai eina

Vien takais dorybės,

Tegul dirba Tavo naudai

Ir žmonių gėrybei.

Tegul saulė Lietuvoj

Tamsumas prašalina,

Ir šviesa, ir tiesa

Mūs žingsnius telydi.

Tegul meilė Lietuvos

Dega mūsų širdyse,

Vardan tos, Lietuvos

Vienybė težydi!

日本語訳[要出典]

リトアニア、我らが祖国よ、

英雄の地!

君が子孫に強さを引き出させよ

我らが過去の知恵より

君が子供に常に従わさせよ

美徳の道にのみ、

君が人類の安寧を手に入れ

彼らが仕えし行き先になりますように

太陽が我らが地の上にあり

取り囲む暗き雲を払いのけますように

初めより光と真実が

永久に我らが歩みを導け

リトアニアの愛が

我らが心に輝いて灯りますように。

この地のために

統一に栄えさせよ。

サモギティア語

Lietova, Tėvīn mūsa,

Tu didvīriu žeme,

Ėš praeiteis Tava sūnā

Te stiprībė seme.

Tegu Tava vakā ēna,

Vėin takās dorībes,

Tegu dėrba Tava nauda

I žmoniu gėrībe.

Tegu saulė Lietovuo

Tomsumas prašalėn,

Ė švėisa, ė tėisa

Mūsa žīngsnios telīd.

Tegu meilė Lietovuos,

Deg mūsa šėrdīs,

Vardan tōs Lietovuos

Veinībė težīdė!

参考:公式英語訳

Lithuania, our homeland,

Land of heroes!

Let your sons draw their strength

From our past experience.

Let your children always follow

Only roads of virtue,

May your own, mankind’s well-being

Be the goals they work for.

May the sun above our land

Banish darkening clouds around

Light and truth all along

Guide our steps forever.

May the love of Lithuania

Brightly burn in our hearts.

For the sake of this land,

Let unity blossom!

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梶 2016, p. 121.

参考文献[編集]

関連項目[編集]