若きライン川上流に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oben am jungen Rhein
和訳例:若きライン川上流に

国歌の対象
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン

作詞 ヤーコプ・ヤウホ(1850年)
作曲 不明
採用時期 1963年
試聴
テンプレートを表示

若きライン川上流に(わかきラインがわじょうりゅうに、: Oben am jungen Rhein)とは、リヒテンシュタイン国歌

作詞者に関しては公式文書が残されていないが、伝承によると、リヒテンシュタインの南西部の町のバルツェーアス1852年から1856年までに、当地に赴任していたドイツ人神父ヤーコプ・ヤウホ1850年に作詞したものと言われている。元々は、5番まであったが、1963年に議会の決議において2番までとされ、現在の形になった。表題にある「若き」とは、スイスからリヒテンシュタイン、オーストリアドイツオランダを経て北海へと注ぐライン川の流れを人生にたとえた表現で、リヒテンシュタインの辺りがライン川の「上流」にあたることを意味すると共に、リヒテンシュタインが将来に向けてさらに発展していくことを示唆している。

この詞を、イギリス国歌女王陛下万歳と全く同じメロディーで歌う。

歌詞[編集]

  1. Oben am jungen Rhein
    Lehnet sich Liechtenstein
    An Alpenhöh'n.
    Dies liebe Heimatland,
    Das teure Vaterland,
    Hat Gottes weise Hand
    Für uns erseh'n.
  2. Hoch lebe Liechtenstein
    Blühend am jungen Rhein,
    Glücklich und treu.
    Hoch leb' der Fürst vom Land,
    Hoch unser Vaterland,
    Durch Bruderliebe-Band
    Vereint und frei.

ドイツ語カタカナ転写[編集]

1
オーベンアムユンゲンライン
レーネットズィッヒリーヒテンシュタイン
アンアルペンヘーン。
ディースリーベハイマートラント、
ダストイレファータラント、
ハートゴッテスヴァイゼハント
フュアウンスエアゼーン。

2
ホーホレーベリーヒテンシュタイン
ブリューエントアムユンゲンライン、
グリュックリヒウントトロイ。
ホーホレーベデアフュルストフォムラント、
ホーホウンザーファータラント、
ドゥルヒブルーダリーベバント
フェアアイントウントフライ。

英語訳[編集]

1
Up above the young Rhine
Lies Liechtenstein, resting
On Alpine heights.
This beloved homeland,
This dear fatherland
Was chosen for us by
God's wise hand.

2
Long live Liechtenstein,
Blossoming on the young Rhine,
Happy and faithful.
Long live the Prince of the Land,
Long live our fatherland,
Through bonds of brotherly love
united and free!

日本語訳[編集]

1
若きライン川上流に
位置するはリヒテンシュタイン、
アルプスの高みなり。
このいとしきふるさとなる祖国を、
このかけがえのない父なる祖国を
神の賢き御手は
我らがために選ばれたり。

2
とこしえにあれ、リヒテンシュタイン、
若きライン川に花咲いて、
幸せに忠実に。
国主公(侯)爵閣下万歳、
父なる祖国万歳、
兄弟愛の絆を通じて
団結して自由にあれ。