アラン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラン諸島に見られる石垣
アラン諸島はアイルランドの西岸に位置する
アラン諸島

アラン諸島: Aran Islands: oileáin Árann)は、アイルランド島の西、ゴールウェイ湾に浮かぶ島々。アラン島と呼ばれることも多い。アラン諸島は3つの島からなり、西側から、イニシュモア: Inishmore: Inis Mór)、イニシュマーン: Inishmaan: Inis Meáin)、イニシィア: Inisheer: Inis Oírr)と呼ばれる。アイルランド語でÁrannの意味は「長い山々」の意味で、現在の島の名前にあるInisは「島」の意味である。また、Mór、Meáin、Oírrはそれぞれ「大きな」「真ん中」「東」の意味がある。これらのアラン諸島は石灰質の岩盤だけで出来た島群である。

主要産業はジャガイモなどの農業漁業で、手編みのアランセーター(フィッシャーマンセーター)(en)も有名である。

アラン諸島は主に岩盤で出来ており、強が吹きつける。そのための農業は、が風で飛ばされないようにを石垣で囲み、更に岩盤をで砕いて海藻を混ぜ合わせ、その下に粘土を敷き詰めて土をつくることから始まった。こうした石垣で仕切られた畑は格子を意味する「トレリス」(Trellis)と呼ばれ[1]、アランセーターにもトレリスと呼ばれる網目模様がある。

観光客も訪れる。交通手段としては、首都ダブリンからバス又は鉄道でまずゴールウェイへ。さらにバスに乗り換えてロサヴィール港で降り、フェリーに約40分乗る。ゴールウェイ近郊のコネマラ空港から小型飛行機で渡ることも可能。島内には貸自転車馬車がある。

イニシュモア島[編集]

イニシュモア(大島)は、アラン諸島最大の島であり、三島の最も西に位置する。面積は12平方マイル。20世紀にはいるまでは、アランモア(: Aranmore: Árainn Mhór)と呼ばれていた。島の名前は1800年代中頃につけられた。このアイルランド語の島の名前は、厳密に言えば文法的には誤っており、島を意味するInisが女性名詞であるため、本来はInis Mhórとなるべきものである[要出典]。島の人々はアイルランド文化の影響が強く、アイルランド語を話す。

名所・旧跡[編集]

  • 「ダン・エンガス」(Dun Aengus)または「ドゥーン・エンガス」(Dún Aonghasa) - 断崖を背後に築かれた環状の石の砦. 古代ケルト人が築いたと言われる.
  • 聖ベナン教会 - ヨーロッパで最も小さな教会として知られる古い建造物.
  • 聖キーラン修道院(Teampall Chiaráin) - 古代の日時計や石造りの十字架がある

イニシュマーン島[編集]

イニシュマーン(中島)は、アラン諸島第二の大きさを持つ島であり、イニシュモアの東に位置する。アイルランド語ではInis Meadhóinと書かれることもある。人口は200人程度、他の2島と比較して観光客は少なく静かな土地である。アイルランドの歴史で重要な要塞があった土地の1つである。人々はアイルランド語を話す。

名所・旧跡[編集]

  • ラバ・キンジャラグ - 難病を治すと伝えられている円形の遺跡。
  • コナー要塞(Dún Conchuir) - キリスト教伝来前に作られた要塞の跡地。
  • シングの住んでいた家 - 1898年から1902年の毎年夏に、ジョン・ミリントン・シングが暮らしていた家。
  • シングの椅子 (Synge's Chair) - 島の西の切り立った岸壁。

イニシィア島[編集]

イニシィア(東島)は、三島の中で最も小さく、最も東に位置する。アイルランド語では、Inis OirthirやInis Thiarと書かれることもある。人口は300人ほどである。

名所・旧跡[編集]

  • テンパル・ケイヴィン(Teampall Chaomháin) - 遺跡

アラン島関連の作品[編集]

  • 戯曲
    • ジョン・ミリントン・シング:戯曲『海に行く騎者』

脚注[編集]

  1. ^ 「石垣の網目 アイルランド」『日本経済新聞』朝刊(The STYLE)2017年6月11日

外部リンク[編集]