トーゴ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロメの屋台の食べ物

トーゴ料理(とーごりょうり)は、西アフリカに位置するトーゴで食される料理。主食としてはトウモロコシキビキャッサバ山芋オオバコを食し、なかでもトウモロコシはトーゴ国内で最も広くに消費されている食品である。 またタンパク源としてはがトーゴ国民の中で最も重要な地位を占めている。トーゴ人は家で食事をする傾向があるものの、レストランや屋台も存在する。

食べ物と料理[編集]

フフ(左)とパームナッツスープ(右)。
トウモロコシベースの食品、アブロ

トーゴ料理はアフリカ料理フランス料理ドイツ料理の影響を受け、それらが融合したものである。 トーゴ料理には多種多様なソースパテがあり、それらの多くはナストマトほうれん草、魚を材料としている。 トーゴではこれらの料理とさまざまな種類の野菜を組み合わせて、風味豊かな料理が作り上げられている。屋台ではバンバラマメオムレツ串焼き、軸付きとうもろこし、焼きエビなどの料理が販売されている。

また他にも以下のような食品が食される。

  • アグーチ 「グラスカッター」として知られる。
  • Akpan [1]発酵トウモロコシを材料としたデザート
  • フランスパン
  • 唐辛子 スパイスとして多用される。
  • フフ トーゴで非常に一般的な食品。皮をむいて茹でた山芋を材料とし、生地が固まるまで乳棒で叩いて作る。 通常ソースをつけて食す。
  • コクロメメ チリソースで食す焼き鶏肉
  • ココンテ キャッサバから作られたパテ
  • ピーナッツ
  • リズソースダラチデ 落花生ソースでいただく米料理
  • アクメ とうもろこしをすりつぶして作った固形食品であり、普通オクラスープのソースが添えられる。

飲料[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ L'akpan le yaourt végétal béninois qui a du potentiel”. archive.wikiwix.com. 2020年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]

映像外部リンク
Ablotò: Preparing Ablo in Assahoun, Togo. (Cuisine togolaise)