北アイルランド料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北アイルランド料理(きたアイルランドりょうり、: Northern Irish cuisine)は、北アイルランドに関連する各種の料理、伝統、およびレシピからなる。独自の特徴を持っているが、イギリス料理アイルランド料理から多大に取り入れている。

料理と食品[編集]

  • Ardglass potted herring:肉屋や魚市場で販売される。酢でマリネしたニシンをローリエで包みパン粉をまぶして焼く。
  • ポテトブレッド英語版のファール(farl:4つ切り):ジャガイモ、小麦粉、およびバターミルクで作るフラットブレッドである[1]。グリドルで調理する[1]
  • ソーダブレッド:北アイルランド独特のグリドルで調理するフラットブレッドの1つであり、そのまま、またはアルスター・フライで黄金色になるまで調理して食べる。バターと自家製ジャムや、スモークサーモン、揚げたてのウナギ、または厚切りの乾燻ベーコンのような塩味の食品で食べることもある。ソーダブレッドのファール(4つ切り)は柔らかく、厚くふわっとしたパンである。これは1800年代のアイルランドで最初に焼かれ、地元の人々はベーキングソーダを使って生地を膨張させた。典型的に、アルスター・フライと一緒に供される[1]。小麦粉のパンは、元来は全粒粉で作る茶色のパンであった[1]
  • フィフティーン英語版:柔らかいトレイ焼きのケーキで、主原料(マシュマロ、ダイジェスティブ(全粒粉)ビスケット、サクランボ)をそれぞれ15個使うことから名付けられた。
  • ボクスティ英語版:主にファーマナ州でみられる。ボクスティは、ずっしりしたデンプン質のポテトケーキで、マッシュポテトと砕き挽いた生のジャガイモを50対50で混ぜて作る。最も一般的な種類は茹でて作るボクスティ、ハーレー(hurley)で、大きく丸いローフを数時間煮込んで、休ませてから薄切りして揚げてベーコンを添えることが多い。
  • チャンプ:マッシュポテトを作るときに牛乳と刻んだタマネギを加えて作る[1]
  • ダルス海藻スナックである。元々は、漁獲不足時に収入の補填のため漁師が収穫した[1]
  • パスティ英語版:ソーセージの肉、タマネギ、およびマッシュポテトを混ぜたタネを、ハンバーガーのような形にして黒コショウで味付けして作る。ほとんどのポテトフライ店で衣揚げの注文ができる。
  • アルスター・フライ:北アイルランドで最も有名な伝統料理である。アルスター・フライは他のフル・ブレックファストと区別するのはグリドルブレッドで、ソーダブレッドとポテトブレッドのファール(4つ切り)を、カリカリに黄金色になるまで揚げる(時にはグリルする)。小さなパンケーキを含む場合もある。ベーコン、ソーセージ、卵、トマト、およびときにはキノコで料理が完成し、通常は紅茶とトーストを添えて供される。
  • ポリッジ:朝食で北アイルランドの人々はまた、挽いたオーツ麦、牛乳または水と塩または砂糖少々で作るポリッジも大の好みである。週末には更に贅沢をして、牛乳の替わりにクリームとブラウンシュガーで仕上げる。ブッシュミルズ英語版を1ダッシュ加えることさえある。
  • イエローマン英語版:ザクザクした金色の菓子で若干ハチの巣と似ている。催事や市場で販売される。
  • ベジタブルロール:もう1つの北アイルランド独特の名物料理はベジタブルロールである - 新鮮なリーキ、ニンジン、およびタマネギで風味を加え、コショウを効かせた牛挽肉を薄切りにする。

飲料[編集]

著名な北アイルランドの料理人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Traditional Dishes”. Northern Ireland Tourist Board. 2014年10月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]