パキスタン料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラチに位置するポート・グランドは、アジア最大級のフード・ストリートの1つである[1]

パキスタン料理(パキスタンりょうり、ウルドゥー語: پاکستانی پکوان‎)は、インド亜大陸中央アジアの様々な地域の料理の伝統とムガール帝国の要素がブレンドされた料理[2][3]。様々な料理はパキスタンの民族や文化の多様性に由来している。

パンジャーブ州シンド州等の東部の料理の味付けは「味付けが濃い」、「スパイシー」と言う特徴がある[4]。西部と北部に位置するアザド・カシミールバローチスターン州カイバル・パクトゥンクワ州連邦直轄部族地域ギルギット・バルティスタン州の料理は、隣接地域の中央アジアや西アジアに似ている「マイルド」な味付けになっている。

都市部では多国籍料理ファーストフードが人気である。パキスタン中華料理等、地元と外国のレシピを融合させた料理[注釈 1]は、大都市では良く見られる。更に、生活様式の変化に伴い、既製品のマサラ[注釈 2]の人気が高まっている。

パキスタン人の多様性を考えると作られる料理は家庭毎に違う為、主流のパキスタン料理とは異なる場合がある。

歴史的影響[編集]

パキスタンの民族料理は、インド・アーリア人イラン系民族の文化とムスリムの料理の伝統を受け継いでいる。最も古い正式な文明は、インダス文明モヘンジョダロ[注釈 3]である。紀元前3000年頃、インダス渓谷ではゴマナスコブウシ等が飼育栽培され[5]ウコンカルダモンコショウマスタード等の香辛料が同時に収穫されていた[6]。少なくとも1000年以上前から、コムギインダス川流域の基本的な食料となっていた。

インド亜大陸へのイスラム教[注釈 4]の進出は、郷土料理に大きな影響を与えた。ムスリムは豚肉[注釈 5]を食べたりを飲んだりする事が禁じられている為、イスラム教の食事法は厳格に守られている。パキスタン人は伝統的な果物乳製品だけでなく、野菜と共に牛肉鶏肉魚肉等の他の種類の肉にも重点を置いている。以上の歴史から、パキスタン料理への中央アジア南アジア、中東料理の影響は至る所に現れている。

要素[編集]

パキスタン料理は、香り高く時にはスパイシーな風味が特徴である。料理の中には油分を惜しみ無く含んでいる物もあり、それがより豊かな食感と風味に貢献している。アモムム・スブラトゥムグリーンカルダモンシナモンチョウジナツメグメースコショウは、パキスタン全土の様々な料理を作るのに最も一般的に使用される香辛料である。クミン・シードチリパウダーウコンローリエも人気である。パンジャーブ州では更にコリアンダーの粉が加わる。ガラムマサラ[注釈 6]は多くのパキスタン料理に使われており、とても人気がある。

地域の料理[編集]

バローチスターン州[編集]

パキスタンバローチスターン州イランスィースターン・バルーチェスターン州アフガニスタンのバローチスターン州に住むバローチ人の料理はバローチ料理と呼ばれる。バローチ料理は、パキスタンやイランの多くの料理とは対照的に地域差がある[7]。バローチ料理の中でも特に人気があるのは、バローチサジ[注釈 7][8]やダンプクト[注釈 8]である。

カイバル・パクトゥンクワ州[編集]

この地域にはパシュトゥーン人が居住しており、パシュトゥーン料理では米料理やケバブが有名である。ラムは、パシュトゥーン料理では他のパキスタン料理よりも食材に使われる頻度が高い。他の有名な料理にカブリパラウ英語版チャプリ・カバーブ、ティカ、マトンカラヒがある。歴史的なバリエーションとして、ペシャワリ料理と呼ばれる料理が存在する。パシュトゥーンとバローチの料理は、伝統的に辛くない料理である。

カラシュ[編集]

パンジャーブ州[編集]

パンジャーブ州の独自性は地理的、文化的と考えられており、パンジャーブの住民の大半は幾つか変化を付けて料理をする一方で、それぞれの料理に多くの類似点を示している。その為、この地域の料理はパンジャーブ料理として分類され、南パンジャーブを含む多くの地域で多少の違いはあるが共通の料理と見る事が出来る。ボングパヤ[注釈 9]ニハリ[注釈 10]、ムルグチャナ[注釈 11]は、本格的なパンジャーブ料理と考えられている。

南パンジャーブ[編集]

シンド州[編集]

パキスタンシンド州に住むシンド人英語版の郷土料理のことを指してシンド料理と呼ぶ。シンド料理はスパイシーな料理とされ、様々な鶏肉料理で構成されている。特に、シンディービリヤニ[注釈 12]はピクニック料理として人気がある。

カラチ[編集]

フンザ[編集]

カシミール[編集]

カシミール周辺の料理をカシミール料理と呼ぶ。カシミール人の主食は古代から米である。食肉[注釈 13]は、米と一緒に食べられるカシミールで最も人気の食べ物であり、この地域の人々の食肉の消費量は他の地域と比較して多い。

食事の構成[編集]

パンジャーブシンド様式のチャパティ用の木製プレート

パキスタン人は一般的に1日3食を朝食、昼食、夕食に分けて食べる。

夕方になると、地元のベーカリー作った焼き菓子や揚げ菓子又は自宅で作った菓子と一緒に茶を飲む家族が多い。

ラマダンの間、パキスタンでは食事のパターンがスフール英語版イフタール英語版に変わる。イスラム教の伝統[注釈 14]では、右手だけで食べるのが適切とされている。

多くの家庭では、ゲストが多過ぎてテーブルに収まり切らない場合に、ダスタルカーン英語版と呼ばれる布を床に敷き、それに座って食事をする。

パキスタンの屋台の多くはタクト[注釈 15]の上で食事を提供している。この形式はアフガニスタンでも見受けられる。

焼いたナン又は米とソースや固形物を一緒に手で掬って食べる事が多い。

朝食[編集]

朝食にニハリやハルワプリを食べるのがラホール在住の人々に人気である。

パキスタンの朝食は「ナシュタ[注釈 16]」と呼ばれる。典型的な朝食は、卵料理だと茹で卵スクランブルエッグ目玉焼きオムレツが作られる。加えて、パン、ロティパラーターシールマールクルチャチャナマサラキーママンゴーリンゴメロンバナナシャミケバブ英語版種実類も食べられる。飲み物は牛乳ラッシー蜂蜜バタージャムを使う。バカルカニ英語版ラスク等の焼き菓子が含まれている場合もある。休日や週末には、ハルワプリやヒヨコマメが食べられる事がある。

パンジャーブ州では、カラシナの葉から作られるサルソン・カ・サーグ英語版とコーンブレッドのマッキ・キ・ロティ英語版が好まれている。同地域ではハチャプリも食べられる。

パキスタンは他の多くのアジア諸国と変わらず、特に休日には朝食として肉料理も食べられている。伝統的な日曜日の朝食に、仔ヒツジやウシの頭と足を煮込んで作るシリパヤと煮込み料理のニハリ[注釈 17]が挙げられる。「ニハリ」はアラビア語の「Nihar」に由来しており、「1日」や「1日休む」という意味がある。その由来の通り、肉を柔らかくする為に一晩中煮る事もある。

昼食[編集]

典型的なパキスタンの昼食は、大量のロティと肉のカレーやチョルバで構成されている。ダールチャワルは、昼食に良く食べられる料理の1つである。ロティやナン等は夕食時に食べるのが一般的だが、日中に食べる事が多くなった為、夕食時に米を食べる事もある。人気のランチメニューに、肉とジャガイモで作るアルゴシュート英語版マトン入りの野菜がある。チキンカラヒ等の鶏肉料理も人気である。

道端の屋台では、レンズマメやタンドールで焼いたロティ、チャパティとマサラシチューが良く売られている。

川の近くに住んでいる人は昼食にタンドールで調理した魚を食べるケースがある。

夕食[編集]

夕食は家族全員が集まるので、その日のメインの食事と考えられている。

下拵えが必要で、塩味の付いた食べ物、例えばビリヤニニハリピラフキョフテケバブキーマコルマ等が用意される。レンズマメは夕飯の主食にもなる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「フュージョン料理」と呼ばれる。
  2. ^ 香辛料がミックスされていて、その場で直ぐに使える物。
  3. ^ ウルドゥー語で「موئن جو دڑو」。
  4. ^ ウルドゥー語で「اسلام」。
  5. ^ ウルドゥー語で「سور」。
  6. ^ 香り高い香辛料を混ぜ合わせた物。
  7. ^ 羊肉や鶏肉を串刺しにしてご飯を入れた物。
  8. ^ 肉を油でじっくり煮込んだ物。
  9. ^ ウシ、ヤギ、スイギュウ、ヒツジの足や関節から作られる。
  10. ^ スイギュウや仔ウシの脛肉と骨髄から作られる。
  11. ^ 鶏肉とヒヨコマメをバターでじっくり煮込んだ物。
  12. ^ 白米、鶏肉、地域の香辛料を使った料理。
  13. ^ 鶏肉、羊肉、牛肉、魚肉。
  14. ^ 他の多くのアジアの文化でも伝統的に行われている。
  15. ^ 靴を脱いで座り、足を組んで食事をする台。
  16. ^ ウルドゥー語で「ناشتہ」。
  17. ^ ウルドゥー語で「نہاری」。

出典[編集]

  1. ^ Port Grand”. トリップアドバイザー. 2021年2月12日閲覧。
  2. ^ Taus-Bolstad, S (2003), Pakistan in Pictures. Lerner Publishing Group. 978-0-8225-4682-5
  3. ^ Jonathan H. X. Lee, Kathleen M. Nadeau Encyclopedia of Asian American Folklore and Folklife, Volume 1 page 973 ABC-CLIO, 2011 0313350663, 9780313350665
  4. ^ Miysha Usman (2020年4月29日). “18 POPULAR PAKISTANI FOOD FAVORITES TO GET YOU HOOKED”. CurryFlow.com. 2021年2月12日閲覧。
  5. ^ ジャレド・ダイアモンド (1997). Guns, Germs and Steel: A short history of everybody for the last 13,000 years. Viking. ISBN 978-0-09-930278-0 
  6. ^ THE DAWN OF HISTORY - ウェイバックマシン(2011年7月20日アーカイブ分)
  7. ^ Desi Recipes - Baloch Cuisine - ウェイバックマシン(2014年1月5日アーカイブ分)
  8. ^ Balochi Sajji - ウェイバックマシン(2014年3月12日アーカイブ分)