ディップ (調味料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サルサと赤サルサ

ディップ英語: Dip)は本来英語で「液体に少し潜らせる」という意味[1]で、ここではクラッカートルティーヤトルティーヤ・チップスピタ、細かく切った野菜類などの味の薄い物をそれに浸して味付けをする調味料をいう[2]デザート酒の肴副食、または主食に用いる。

ディップの種類[編集]

現在、様々な国・地方起源の沢山のディップがある[3]。代表的なものは、

アメリカ合衆国起源で、もともと味付けはないが、薫製サケ味のクリームチーズ、明太子入りクリームチーズなどもある。
メキシコ起源のディップで、アボカドに様々なものを入れて作る。
スペインおよびラテンアメリカ起源の調味料で、トマトタマネギ唐辛子なので作る。サルサ・クルダ、緑サルサ、赤サルサなど多種類がある。
トルコ、イスラエルなど中東地域起源のヒヨコマメを練りつぶしたものに様々なものを加える。
ギリシャのギリシャヨーグルトをベースにしたもの。
醤油のもろみを原料とした加工味噌の一種。きゅうり(もろきゅう)など生野菜につける。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Merriam-Webster's Collegiate Dictionary (2004)
  2. ^ ディップ(コトバンク:デジタル大辞泉)
  3. ^ ディップのレシピ5,395品

外部リンク[編集]