ギリシャヨーグルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チーズ・クロスを使って手作業で水切りを行なう

ギリシャヨーグルト(またはグリークヨーグルト、英語: Greek yogurt)とは、水切り製法(straining)で作られるチーズのように、乳清や水分を取り除いた、堅めのヨーグルト日本アメリカ合衆国では、一般的にこの名前で呼ばれる。

国家によっては、水切りヨーグルト(strained yogurt)やヨーグルトチーズ(yogurt cheese)とも呼ばれる。英語では、アラビア語: لبنة‎からlabnehともいう。チーズと普通のヨーグルトの中間の堅さだが、ヨーグルト独特の酸味はそのまま残っている。ギリシャ独自のヨーグルトであり、元々はヤギのミルクから作られていた。

ギリシャ中央アジア中近東で伝統的に作られていたが[1]、他のヨーロッパ諸国や北アメリカでも盛んになり[2]日本でも販売されている[3]

北米では、サワークリームクレームフレーシュの代わりとして、脂肪の少ない低カロリーなギリシャヨーグルトがよく使われる。

イギリスでは、ギリシャ産のヨーグルトしか「ギリシャヨーグルト」を名乗れないため、Greek Style(ギリシャ式)として販売される。

参照項目[編集]

脚注[編集]