ブルキナファソ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブルキナファソ料理(ぶるきなふぁそりょうり)とは、西アフリカに位置するブルキナファソにおける料理である。他の西アフリカ諸国料理と類似しており、モロコシキビ、フォニオ、トウモロコシピーナッツジャガイモ山芋オクラ主食とし、 [1]穀物では米、トウモロコシ、キビが最もよく食べられる。 タンパク源としては焼いた肉(特にマトンヤギ牛肉など)や焼きが一般的に食される。 [2]野菜としては、ヤムイモとジャガイモの他に、オクラ、トマト、ズッキーニ、ニンジン、ネギ、タマネギ、ビート、カボチャ、キュウリ、キャベツ、スイバ、ほうれん草などが頻繁に食される。

一般的な料理[編集]

ピーナッツスープを添えたフフのプレート(右)
  • トー(食べ物) ( モシ語でsaghbo )キビソルガムトウモロコシなどの粉を湯で溶き、熱しながら勢いよく練りあげたもので、ブルキナファソの主食。蕎麦がきのような食感をしている。トマトピーマンスンバラニンジンなどの野菜から作られたソースとともに提供され、時にはマトンやヤギなどの肉とともに提供されることもある。 [3]手で食す。 [2]
  • さやいんげん
  • フフ
  • Poulet Bicyclette 西アフリカ一帯で一般的な焼き鶏肉料理。
  • Ragout d'Igname ブルキナファソ原産の山芋の煮込み料理
  • Riz gras 玉ねぎ、トマト、肉とともに炊いたご飯。
  • リズソース
  • ソースゴンボ:オクラで作ったソース。
  • 串焼き
  • Poulet Braisé ブルキナファソの諸都市で絶大な人気を誇る焼き鶏肉で、ブルキナファソ国内ほぼ全てのレストランやバーにて提供されている。
  • バベンダ:豆醤、魚、キャベツ、ほうれん草のシチュー。 [4]

レストランでは通常、ブルキナファソ料理は近隣諸国の料理と共に出される。ブルキナファソで食される外国料理には、コートジボワールのケジェヌと呼ばれる魚や肉のシチューのほか、セネガルレモンと玉ねぎを添えた鶏肉シチューであるプーレヤッサなどがある。 [2]

一般的な飲み物[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Oxfam's Cool Planet - Food in Burkina Faso”. Oxfam. 2012年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c Marchais, Julien (フランス語). Burkina Faso. Petit Futé. pp. 99. ISBN 2-7469-1601-0. https://books.google.com/books?id=6jsBLSzJWYsC 
  3. ^ Gibbon, Ed (2005). The Congo Cookbook: African Food Recipes. OCLC 761178200 
  4. ^ Burkina Faso Food and Drink”. World Travel Guide (2019年). 2019年1月16日閲覧。
  5. ^ Grubben, G. J. H. (2004). Vegetables: Vegetables (PROTA 2). PROTA. pp. 321. ISBN 90-5782-147-8. https://books.google.com/books?id=6jrlyOPfr24C 
  6. ^ Steinkraus, Keith (2004). Industrialization of Indigenous Fermented Foods. CRC Press. pp. 273. ISBN 0-8247-4784-4. https://books.google.com/books?id=WfjPq9dfTuMC