ローゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローゼル
Mbo2.jpg
ローゼル
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
: フヨウ属 Hibiscus
: ローゼル H. sabdariffa
学名
Hibiscus sabdariffa L.
和名
ローゼル
ローゼリ草
英名
Roselle
Jamaica red sorrel
Indian red sorrel
jelly okra

ローゼル (Roselle、Hibiscus sabdariffa)は、アオイ科フヨウ属の植物。一年生または多年生亜灌木(亜低木)。ロゼリ草ローゼリ草レモネードブッシュなどとも呼ばれる。風味が似ている事から「フレンチ・ソレル」などスイバに類似した俗名で呼ばれることもある[1]

分布[編集]

西アフリカ原産という説や、インドからマレーシアにかけた地域が原産という説など諸説がある[1]奴隷貿易が盛んになった17世紀に、オクラとともに西インド諸島中南米で栽培が行われるようになり、世界各地の熱帯地方に分布している[1]

特徴[編集]

高さ2-3mに育つ低木。は滑らかな表皮をもち、赤紫色である。花はクリーム色葉腋に単生し、短日植物で、9-11月頃に開花する。は肥厚して赤く熟す。花弁の基部は暗赤色。葉は楕円形または3深裂し、互生する。

利用[編集]

萼と苞の肥大した部分は、酸味があって、生食できる。その他にジャムゼリーハーブティー清涼飲料など様々なことに利用される。また、野菜として、からは繊維として利用される。ミャンマーでは「チンバウン」とよばれ、葉を炒め物やスープにする。

ハイビスカス・ティー[編集]

ローゼルは、 花や果実(正確には肥大した萼と苞)をハーブティー、「ハイビスカス・ティー」に利用する。 ハイビスカス・ティーは赤く、クエン酸などの植物酸が豊富で酸味がある。さわやかな嗜好飲料として、ビタミンCペクチンなどが豊富なため風邪咽頭痛の薬としても使用されている[1]。また、利尿作用や穏やかな下剤としての作用などからダイエット効果を謳った使用法や商品もある。

エジプトではカルカデー(كركديه)、メキシコでは冷やしたものをアグア・デ・ハマイカ(agua de jamaica)と呼ぶ。 他のハーブとブレンドされることも多く、特にローズヒップとのブレンドは互いの成分による相乗効果が期待される。

ハイビスカス・ティー

生薬[編集]

「洛神花」という生薬としても利用されている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ジョンソン et al. 2014, pp. 126-129.

参考文献[編集]

  • 高橋章監修 『花図鑑 ハーブ』 1996年第1刷発行 ISBN 4795295379
  • レベッカ・ジョンソン、スティーブン・フォスター、ティエラオナ・ロウ・ドッグ、デビッド・キーファー 『メディカルハーブ事典』 関利枝子、倉田真木訳、日経ナショナル ジオグラフィック社、2014年ISBN 9784863132726

関連項目[編集]