アメリカ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TVディナー

アメリカ料理(アメリカりょうり、: American food)とは、アメリカ合衆国で生まれた料理、アメリカ合衆国外で発生したもののアメリカ合衆国内で独自の発展をとげた料理、ならびにアメリカ合衆国で普遍的に常食とされている料理である。

アメリカ合衆国は諸外国からの移民先住民からなる多民族国家であり、画一的なアメリカ料理は規定しにくいが、アメリカの家政学では、北米の植民地の基礎を作ったイギリスの伝統料理に一番近いニューイングランドの料理を典型的なアメリカ料理としている。チェーンストアコマーシャル従軍経験などの影響より、出自にかかわらずどの人種のアメリカ人も共通して食べる料理・食品もあり、画一的なアメリカ料理も形成されつつある。

アメリカではイギリスの食文化と同じく家庭料理を重視する伝統があった。しかし、20世紀の初め頃から缶詰レトルト食品が発達し、既成食品を家で一手間かけるだけの家庭料理が一般的となった。これは女性の社会進出や貧困などの背景もあるが、料理を習うのが親から子ではなく、本やテレビなどを使った食品企業とメディアの誘導に従うようになった影響が大きいと言われる[1]

特徴[編集]

今日ではファーストフードとして世界中に普及しているものも多い。トマトを使用したものが多く、トマトケチャップトマトジュースもアメリカが発祥となっている。早くから冷凍食品が普及しており、特に冷凍野菜が頻繁に使われる。肉料理はアメリカ南部発祥が多い。

アメリカ先住民の食文化がもとになった料理や調理法が多数残されている。グアカモーレサコタッシュガンボクラムチャウダー、クラムベイク、ベイクドビーンズ、コーンスープ、パンプキンスープ、バーベキュー、コーンブレッド、トルティーヤや、保存食のペミカン、調味料ではチリやメイプルシロップなどがある[2]

種類[編集]

パン類[編集]

パスタ類[編集]

イタリアや日本よりスパゲッティをかなり柔らかめに茹でる習慣がある。

飯類[編集]

スープ類[編集]

サンドイッチ類[編集]

肉料理[編集]

バーベキュー

魚介料理[編集]

野菜料理[編集]

デザート[編集]

アップルパイ

シリアル[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 本間千枝子 & 有賀夏紀 2004.
  2. ^ 東理夫 『クックブックに見るアメリカ食の謎』 東京創元社、2000年。第1章

参考文献[編集]

  • 本間千枝子; 有賀夏紀 (2004), 世界の食文化 12 : アメリカ, 農山漁村文化協会, ISBN 9784540040855 

関連項目[編集]