ブレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トルコのブレク(ボレク)

ブレクburek, トルコ語: börek, クルド語: boreg, アルメニア語: Բյորեկ, Բուրեկ, アゼルバイジャン語: piroq, ギリシア語: μπουρέκι, μπουρεκάκι, ラジノ語: las burekas, bureka (בורקה ,בורק‎), ヘブライ語: בורקס‎‎, ブルガリア語: бюрек, セルビア語: бурек, アラビア語: بوريك‎)は、トルコ発祥のパイに似た料理。

穀粉で作った生地フィロの中にチーズなどを詰めて作る[1]。トルコのほか、アラブ世界や、ギリシャバルカンなどの旧オスマン領地域で食べられ、トルコではボレク (börek)、チュニジアではブリーク (brik)、アゼルバイジャンではピロク (Piroq) などと呼ばれる。

トルコでは白チーズ(en)とパセリを巻いて揚げたものを、外見を葉巻(シガロ)に見立てて「シガロボレイ」という[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Nathan, Joan (2018年11月26日). “On ‘Bureka Tuesdays,’ They Make Pastries the Way Their Grandmothers Did” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/11/26/dining/bureka-pastries-congregation-or-veshalom-hanukkah.html 2022年5月27日閲覧。 
  2. ^ Silingar, Reyhan. “トルコの軽食:シガラボレイ” (日本語). グルメトルコ. 2022年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ブレクに関するカテゴリがあります。