ラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラード
シュマルツブロート(ラードを塗ったパン)
ラード
100 gあたりの栄養価
エネルギー 3,774 kJ (902 kcal)
0 g
糖類 0 g
食物繊維 0 g
100 g
飽和脂肪酸 39.2 g
一価不飽和 45.1 g
多価不飽和 11.2 g
0 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
0 µg
(0%)
0 µg
0 µg
チアミン (B1)
(0%)
0 mg
リボフラビン (B2)
(0%)
0 mg
ナイアシン (B3)
(0%)
0 mg
パントテン酸 (B5)
(0%)
0 mg
ビタミンB6
(0%)
0 mg
葉酸 (B9)
(0%)
0 µg
ビタミンB12
(0%)
0 µg
コリン
(10%)
49.7 mg
ビタミンC
(0%)
0 mg
ビタミンD
(17%)
102 IU
ビタミンE
(4%)
0.6 mg
ビタミンK
(0%)
0 µg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
0 mg
カリウム
(0%)
0 mg
カルシウム
(0%)
0 mg
マグネシウム
(0%)
0 mg
リン
(0%)
0 mg
鉄分
(0%)
0 mg
亜鉛
(1%)
0.11 mg
マンガン
(0%)
0 mg
セレン
(0%)
0.2 µg
他の成分
水分 0 g
コレステロール 95 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ラード: lard: strutto[1])、豚脂(とんし)は、調理に用いられる脂肪全般。日本では豚の脂肪組織から精製した食用油脂を「ラード」と呼称する。なお、「ラルド」は豚肉の脂肪で構成された部位を塩漬けに加工した食材を指し、ラードとは別物である。

性質[編集]

ラード(豚脂)はヘット(牛脂)や羊脂などと同じく動物性油脂の一種である[2]。常温では固体[2]

融点はヘット(牛脂)よりも低い[2]。ただし、豚の一般成分は部位ごとに異なっており、豚肉の脂質は部位によって3.5%〜40%と開きがある[3]。豚の皮下脂肪から取ったラードの場合、融点は摂氏34~40度、ヨウ素価は57~66である[2]。これに対し、豚の内臓脂肪から取ったラードの場合、融点は摂氏27~30度、ヨウ素価は67~70である[2]

ヘットなどの動物性油脂と同じく、オレイン酸パルミチン酸ステアリン酸などで構成されるグリセリドを主成分とする[2]。このほかラード(豚脂)はリノール酸も豊富である[2]。ラードの構成脂肪酸は右表の通りである。

ラード(100g中)の主な脂肪酸の種類[4]
項目 分量(g)
脂肪 100
飽和脂肪酸 39.2
14:0(ミリスチン酸 1.3
16:0(パルミチン酸 23.8
18:0(ステアリン酸 13.5
一価不飽和脂肪酸 45.1
16:1(パルミトレイン酸 2.7
18:1(オレイン酸 41.2
多価不飽和脂肪酸 11.2
18:2(リノール酸 10.2
18:3(α-リノレン酸 1

用途[編集]

食用[編集]

ラード(豚脂)は揚げ物・フライに使う揚げ油のほか、製菓や製パンの材料にも用いられる[2]。また、ラーメンスープには豚の背の部位の脂が背脂としてよく用いられ[5]、スープの上一面に浮かぶためスープが冷めにくくなっている。

トンカツの名店では、豚の脂身からラードを毎日作って日々の営業に使用する店も少なくなく、廃棄物の再利用からこだわりの逸品に至るまで幅広いものとなっている。また、「肉屋のコロッケはうまい」との定評があるが、概して精肉店の揚げ物が家庭料理にない旨みをもつのは、新鮮なラードを揚げ油に使っているためといわれる[6]。もっとも揚げたてを味わうにはよいが、冷めたものは脂っぽく腹にもたれるとする向きもある。衣の香ばしさを強調するときに選ぶべき食材ともされる[7]

フランスでは主に北および東の地域で、南西でもコンフィなどに使用される[1]

なお、動物性油脂の中では酸化しやすく風味を失いやすいため低温で保存することが必要である[2]

食用以外の用途[編集]

単独もしくは他の油脂類と混合する形で古くから潤滑用途に用いられてきた。単独(または牛脂との混合)ではグリスのような用途に、鉱油などの潤滑油に混合することで減摩剤などとして利用された[8]。それらの多くは鉱油やその他の化学合成品に置き換わっていったが、ラードを硫化し極圧性や安定性、溶解性などを改善した「硫化ラード」はその特性から切削油や加工油として一時期多用された。現在においても硫化ラードは一部で使用されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宇田川政喜; 遠藤智子; 加藤綾子; 橋村弘美、日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、697頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  2. ^ a b c d e f g h i 瀬口正晴、八田一『新 食品・栄養科学シリーズ 食品学各論 - 食べ物と健康 (2) 食品素材と加工学の基礎を学ぶ』化学同人、2003年、105-106頁。ISBN 978-4759804737
  3. ^ 瀬口正晴、八田一『新 食品・栄養科学シリーズ 食品学各論 - 食べ物と健康 (2) 食品素材と加工学の基礎を学ぶ』化学同人、2003年、40頁。ISBN 978-4759804737
  4. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  5. ^ ぐるなびラーメン用語辞典
  6. ^ 自宅で肉屋のコロッケを作る方法デイリーポータル 馬場吉成 2013年6月9日
  7. ^ 旭屋出版『とんかつ・コロッケ・揚げ物料理』103頁
  8. ^ 潤滑油の分野で利用されている動植物油の現状と将来性” (日本語). ジュンツウネット21 (2016年8月24日). 2020年4月20日閲覧。

関連文献[編集]

関連項目[編集]