塩あんびん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
塩あんびん

塩あんびん(しおあんびん)は、砂糖を用いずにで味付けした大福である[1]。「あんびん」の漢字の記載は「塩餅」であり、「あんぴん」と呼ぶこともある。

概要[編集]

皮を割り、中の塩あんが見える状態。

加須市久喜市など埼玉県北東部で古くから食べられ、今日も一部の和菓子屋で販売されている。貧しい農村砂糖の代用としてを用いたのがはじまり、という説もある。

下記の通り、様々な味付け及び食べ方が存在し、塩と餡子の風味と対比させて引き立てる食感を味わえる。

食べ方[編集]

生地に砂糖をつける食べ方が一般的だが、生地を焼いてから砂糖醤油につける食べ方がある[1]。また、雑煮に入れる[1]醤油の付け焼きにする、両面をフライパンで焼き蜂蜜をかけるなどの食べ方もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 東部 加須市”. ごちそう埼玉. 2014年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]