マテリアルハンドリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マテリアルハンドリング (material handling) は、生産拠点や物流拠点内の原材料仕掛品完成品の全ての移動にかかわる取り扱いである。現場では「マテハン」と略される。

目的[編集]

モノの取り扱いを増やせば価値を生みだすことなくコストを増すことになるため、マテリアルハンドリングの主要な目的はその取り扱いを極力へらすことである。そのためには、モノの移動距離の最小化、ボトルネックの改善、在庫レベルの最適化、ムダによる損失の減少、まちがいの最小化、セキュリティ強化、破損の最小化が考えられる。よいマテリアルハンドリングは大きくコスト削減に貢献する。

参考文献[編集]

  • Lambert, D. M. (2000)
  • Frazelle, E. H. (2002)

関連項目[編集]