イクツヒコネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イクツヒコネとは、日本神話である。活津日子命(『古事記』)あるいは活津彦根命(『日本書紀』)と記される。

概要[ソースを編集]

誓約によって生まれた五男三女の男神で、天照大神が左手に巻いていた玉から生まれたとされる。 この神の後裔氏族は見当たらないが、『新撰姓氏録』に高魂命の子の伊久魂命の後裔として恩智神社神主が載っている。

出口延経の死後、外宮神官の桑原弘雄、弘世父子によって整理、1733年に完成し、『延喜式神名帳』記載神社の考証を行った『神名帳考証』によると、忍坂と住吉にある生根神社の祭神(現在は少彦名命等)とされる。

生國魂神社の祭神とも同神とされる。他に天田郡生野神社、養父郡伊久刀神社等の祭神。

滋賀県にある彦根の地名はこの神の名に起こるという説もある[1]

イクツヒコネを祀る主な神社[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 彦根市について” (日本語). 彦根市. 2012年8月25日閲覧。