大伴長徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大伴 長徳(おおとも の ながとこ、生年不詳 - 白雉2年(651年)7月)は、飛鳥時代の豪族。。別名馬飼馬養(うまかいとも)。大徳冠大伴咋(おおとものくい)の子。弟に大伴馬来田吹負大紫冠右大臣

632年舒明天皇4年)第1回の遣隋使とそれに伴った唐使高表仁(こう ひょうにん)を難波で出迎え、642年皇極天皇元年)舒明天皇殯宮では(しのびごと)を蘇我蝦夷に代わって奏上している。645年大化元年)の大化の改新では中大兄皇子側であったようである。649年(大化5年)には大紫位・右大臣に任じられている。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近藤敏喬による続柄の推定。宝賀寿男は大伴狭手彦の子孫と推定している。
  2. ^ 「大伴系図」(内閣文庫所蔵)による。大伴馬来田と同一人物か。
  3. ^ 諸説あり、確実なことは不詳

参考文献[編集]

系譜は以下書籍に基づき作成。

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年
  • 近藤敏喬『古代豪族系図集覧』東京堂出版,1993年
公職
先代:
蘇我倉山田石川麻呂
右大臣
649 - 651
次代:
蘇我連子