殖栗皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本御影で、聖徳太子に従う殖栗皇子(向かって左)と山背大兄王

殖栗皇子(えくり/ えぐり の みこ、生没年不詳[1])は、飛鳥時代皇族用明天皇の第五皇子。母は穴穂部間人皇女。子に衣縫王があり[2]、その子孫は蜷渊真人とされる[3]

脚注[編集]

  1. ^ 日本書紀』天武11年6月条に、五位殖栗王卒の記事があるが、用明天皇皇子の殖栗皇子のことを指すのかどうか明らかではない。
  2. ^ 鈴木真年『百家系図』(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年 による)
  3. ^ 新撰姓氏録』左京皇別